[前頁] [ホーム] [一覧]

 カムカムミニキーナVol.71「サナギ」

 @高円寺 座・高円寺1(2021/08/12-22 14ステージ)
 全指定5000円 パンフ付6500円 オンライン3800円
  @札幌 道新ホール 8/28-29 3ステージ
  @奈良 DMG MORIやまと郡山城ホール 9/5 1ステージ

 作・演出:松村武 美術:中根聡子 音楽:土屋玲子 照明:林 之弘(六工房)
 音響:山下菜美子(mintAvenue inc.)、中島有城 衣裳:阿部美千代
 (株)MIHYプロデュース 衣裳進行:和泉みか 舞台監督:赤坂有紀子
 演出助手:山田翠 演出補:藤條 学 宣伝美術:山下浩介 ライブ配信:浅草九劇
 WEB製作:長谷川達之(サージネット) 制作:佐藤恭子
 企画・製作:カムカムミニキーナ 提携:NPO法人劇場創造ネットワーク/
 座・高円寺 助成:芸術文化振興基金助成事業
 出演:
 八嶋智人:日下伏目(引退した元大女優)
 亀岡孝洋:坪井新庄(駐在警官)
 坂本けこ美:日下ゆかりん(伏目の娘)

 大薮丘 :ピラフ(廃墟劇場の座付作家)
 長谷部洋子:ヒルメ(サルタヒコ)(ミミオシとナギの母)

 秋山遊楽:ミミオシ(バスキャラバンの徒。予知能力をもつ)
 藤田記子:ウズメ(バスキャラバンの徒。リーダー)
 未来  :ナギ(バスキャラバンの徒。ミミオシの姉)
 栄治郎 :タケミ(バスキャラバンの徒)
 栄治郎 :ワカ(バスキャラバンの徒)
 福久聡吾:ホヒ(バスキャラバンの徒)

 柳瀬芽美:猿渡ハルコ(廃墟劇場の新人劇団員)
 田原靖子:キサガイ(廃墟劇場 唯一の観客・批評家)
 斎藤かなこ:アコヤ(廃墟劇場劇団員)
 内田靖子:ナマコ(廃墟劇場劇団員)
 松村武 :スサジ(廃墟劇場劇団員。最古参)

 スガ・オロペサ・チヅル:ウムギ(廃墟劇場劇団員)
 泰山咲美:ウムギ(廃墟劇場劇団員)
 阿部大介:ウムギ(廃墟劇場劇団員)
 山下ひとみ:ウムギ(廃墟劇場劇団員)
 山本ユウ:ウムギ(廃墟劇場劇団員)

 2021/08/14(土)小雨 1:00-3:03PM(2'02)中段中央 客席5割(80人)
 客層:2世代。男女半々。
 客入れ:感染対策。検温、手指消毒、セルフもぎり、連絡先カード。
 B列最前。当日パンフ A5 3ページ。物販。パンフ A5 1800円 Tシャツ3000円。
 カーテンコール1回。ソワレは9時退出で挨拶ができないそう。

 舞台。抽象美術。上手に楕円が穿たれた△壁、開き倒すと舞台上舞台、上方に上がる
 こともでき。床は黒光沢、楕円が下手寄りに2箇所。中空にも楕円が吊られ。
 お話。湖畔の別荘地。引退した大女優の心をかき乱す、廃墟に集う人影と異臭。
 聞きただせば廃墟は劇場、作家の葬送劇を上演するという奇妙。劇世界から外へと
 出ていく作家と入れ替わりにたどりつくフリーター新人、行方不明の母を探す姉弟と
 旅するキャラバン、そして我を忘れていく元女優。彷徨い越境しようとする彼らを
 導く、道開きの神・サルタヒコと魔除けの鈴・さなき(転じてサナギ)を巡る物語。

 分断と障害、混とんの中の光明、松村武が見てる現実がこうなんだ舞台。社会、集団
 、家族、個人を別つ「半透明な障壁」が見え隠れし、個々人が傷つき、愛を希うする
 姿が重層、交錯する展開。ハッキリわからないことが痛くわかるという、今生きる
 者には頭で??、心で!と共感するとこあり。松村武マスターピースの古事記由来
 サルタヒコ伝説と、魔除け?の鈴サナギの現れに導引を求めたくなる気持ちもまた。
 演劇と物語を信じて、言葉を尽くすさまが今時珍しく、真摯な役者の演技もあって
 久々に浸って見守るねこ。わからないことへ物言う駐在警官ら、メタな観客視点を
 いれる手練の親切さあり。ベテランより若手、中堅が活躍する舞台に好感。ナギ役
 未来さんの真っ直ぐな瞳、熱い言葉に心打たれるねこ。 

[月間一覧