[前頁] [ホーム] [一覧]

 日本総合悲劇協会vol.5「不倫探偵 〜最期の過ち〜」

 @下北沢 本多劇場(2015/5/29-6/28 32ステージ)休演日6/1,8,15,22
 http://www.honda-geki.com/honda.html
 全指定 前売・当日6800円 ヤング券3800円(22歳以下)
  @大阪 サンケイホールブリーゼ 7/1-5 7ステージ

 作・演出:天久聖一、松尾スズキ 舞台監督:瀬崎将孝 照明:佐藤啓
 音響:藤田赤目 舞台美術:原田愛 衣裳:戸田京子 ヘアメイク:大和田一美
 映像:上田大樹 振付:振付家業 air:man 作曲:門司肇、益田トッシュ
 演出助手:大堀光威、佐藤涼子 衣裳助手:伊澤潤子、梅田和加子
 宣伝イラスト:河井克夫 宣伝美術:榎本太郎 宣伝写真:江森康之
 宣伝スタイリスト:森保夫 宣伝協力:る・ひまわり
 票券:河端ナツキ、能美山しの 制作助手:北條智子、赤堀あづさ、横山郁美
 制作:長坂まき子 企画・製作 大人計画、(有)モチロン
 出演:
 松尾スズキ:罪十郎(浮気相談の人妻と不倫必至の中年探偵)
 片桐はいり:赤星乱(警視庁捜査一課の女刑事、通称レッド)
 二階堂ふみ:キャンディ(スラム街のホテトル嬢)
 伊勢志摩 :京子(謎の女)、清掃婦
 皆川猿時 :喜屋武光男(スラム街の浮浪者)、謎の男
 村杉蝉之介:鳥居仁丹(かつて売れっ子ミステリー作家)、警官
 近藤公園 :宇山孝太郎(麻里の夫、教師)、若かりし日の罪、男優
 平岩紙  :宇山麻里(罪に浮気相談する主婦)、若かりし日の京子

 2015/05/30(土)晴 7:03-9:15PM(2'10)後方上手 客席超満員(380人)
 客層:20-30才代とおじさん。女性7割。
 客入れ:前方と最後尾に補助椅子。立ち見あり?。折り込みチラシ極厚。
 パンフ A4 1枚。物販。パンフ A5 1500円。探偵手帳とステッカー付き。
 カーテンコール間を置いて2回目1分。

 忘れる位久々のニッソーヒ、松尾スズキ一人芝居の天野さん再タッグ。
 舞台。ねずみ色壁で倉庫然、場末ムード漂い。下手外階段からバルコニー、上手は
 窓のみ。正面を開けると屋内隣接部屋、を廻しながら転換。

 お話。人妻=不倫可能前提じゃと引き受けない、変態おやじ探偵。色白京美人が
 失踪した夫を捜索にくる。不倫かどうかでうだうだ。関係者一同が変態の上、死刑囚
 だった探偵父の思いがけない因縁がもつれる、泥沼万歳サスペンス。

 フザケすぎて因業深すぎて猛烈面白。そこら芝居が目黒のさんまと思えるほどに
 強烈。松尾スズキ独特のセルフつっこみな台詞の面白さはむろん。映画シンシティに
 ハードボイルドを気取るけど、動きが逐一マンガめいたり、パロディねた続出で
 笑いまぶされ。やりすぎ感満載で太っちゃうよ〜ねこ。

 そんな通常演劇に必要のない愉快なキャラ達のこだわり(クドい)演技や、徹底
 (超越)した変態さんの悲喜交々に爆笑、してると広がる闇の世界。今・鶴屋南北
 かというグロテスクな因業因縁の思いがけない相関にあ然呆然。「生きるのが罪」
 とはさもありなんず。荒ぶれてそうは見えないけど、こんなに一途に人を思えるのと
 不思議な感銘を受けたりもするねこ。狂っても底に理性、松尾スズキをどんぶり飯
 2杯に堪能するねこ。

 役者。平岩紙、ともかく達者、一家に一台ほしい。近藤公園。汚れても常に清涼感の
 不思議。片桐はいり。さらに尖ってても滲む愛嬌、常に真摯で暖かい。ほか、粘着
 とりどりに「盤石に」危ういキャラ演技。

[月間一覧