[前頁] [ホーム] [一覧]

 蜷川幸雄演出 彩の国シェイクスピア・シリーズ第32弾「尺には尺を」

 @与野本町 彩の国さいたま芸術劇場 大ホール(2016/05/25-06/11 20ステージ)休演5/30、6/6
 http://www.saf.or.jp/arthall/
 全指定 S席9500円 A席7500円 B席5500円 U-25 2000円
  @北九州芸術劇場 大ホール 6/17-19 4ステージ
  @大阪 梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ 6/24-27 4ステージ

 脚本:W.シェイクスピア 演出:蜷川幸雄 翻訳:松岡和子 演出補:井上尊晶
 美術:中越司 照明:勝柴次朗 衣裳:小峰リリー 音響:友部秋一
 ヘアメイク:佐藤裕子 音楽:阿部海太郎 舞台監督:濱野貴彦
 制作:公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団、ホリプロ
 企画 彩の国さいたま芸術劇場シェイクスピア企画委員会
 出演:
 藤木直人:アンジェロ
 多部未華子:イサベラ

 原康義 :エスカラス
 大石継太:ルーチオ
 廣田高志:監獄長、貴族
 間宮啓行:エルボー、貴族、客、修道士
 妹尾正文:アブホーソン、貴族、客、修道士
 岡田 正:ピーター、貴族、娼婦、修道士、囚人
 清家栄一:バーナディン、貴族、娼婦、修道士
 飯田邦博:トマス、貴族、客、囚人
 新川前人:紳士1、修道女、囚人、役人
 野辺富三:ヴァリアス、貴族、娼婦、修道士、囚人
 周本絵梨香*:マリアナ、娼婦、修道女
 鈴木彰紀*:使者、貴族、娼婦、修道女、役人、囚人
 竪山隼太*:紳士2、貴族、修道女、役人、囚人
 手打隆盛*:裁判官、貴族、役人、修道女、囚人
 堀 源起*:召使い、貴族、役人、修道女、囚人
 松田慎也*:クローディオ
 内田健司*:フロス、貴族、娼婦、修道士、囚人
 浅野 望*:ジュリエット、修道女
 小島幸士:少年(ダブル・キャスト)
 藤巻勇威:少年(ダブル・キャスト)

 立石涼子:フランチェスカ、オーヴァダン
 石井慎一:ポンペイ

 辻 萬長:ヴィンセンショー

 *:さいたまネクストシアター

 2016/06/05(日)晴 1:30-4:25PM(1'27/休20/1'03)1F最前列 客席超満員(750人?)
 客層:20-30才代中心に女性8,9割。
 客入れ:最前B列。折り込みチラシそれなり。配役表 A4 1枚。蜷川氏逝去と
 残り5作品**のシェイクスピア・シリーズを完全上演する旨を掲載したチラシあり。
 物販。パンフ1600円 トートバッグ1000円 Tシャツ2500円  クリアファイル等。
 4:20PM終演 カーテンコール3回5分。最後はスタオベ。

 蜷川幸雄、彩の国さいたま芸術劇場での最後の演出作品。
 舞台。7つの大罪?のレリーフ壁。開閉展開式。
 お話。世の腐敗を愁う公爵ヴィンセンショー。ある日、謹厳実直な部下アンジェロ
 へ政権を託し。神父として野に隠れる。アンジェロの厳格政治に庶民はブーイング。
 おりしも婚前交渉で死刑判決の男・クローディオあり。その妹イサベラは兄を
 救おうとアンジェロに嘆願するも拒絶。がアンジェロは彼女に横恋慕。どうにも
 とまらず、体を要求。それを聞いた(公爵)神父は一計を案じて。
 
 果敢なるイザベラ・多部未華子の魅力ぞんぶん。心根は真っ直ぐ、機知に富み、
 困難に果敢に取り組む姿、心弾む台詞のいいよう。ずっと観ていたかったねこ。
 蜷川演出らしく、周囲は猥雑にして、バカ真面目なアンジェロの愚かさ、哀しさを
 浮きだたせ。物語は水戸黄門な趣向、主体は会話と問答。蜷川ピクチャーショーは
 控えめで、もっと小さな劇場で観たいところ。


[月間一覧