[前頁] [ホーム] [一覧]

 Nibroll結成20周年/ KAAT Dance Series 2017「Imagination Record」

 @横浜 KAAT神奈川芸術劇場・大スタジオ(2017/08/29-09/03 6ステージ)
 http://www.kaat.jp/
 全自由(整理番号付) 一般3500円 U24チケット(24歳以下)1750円
 高校生以下1000円

 振付・演出:矢内原美邦 映像:高橋啓祐 音楽:SKANK、スカンク
 衣装デザイン:田中洋介 照明:梶谷剛樹 音響:徳久礼子 舞台監督:藤田有紀彦
 技術監督:堀内真人 宣伝美術:岡本健+、高橋啓祐
 特別協力:急な坂スタジオ 企画制作:precog 主催: KAAT 神奈川芸術劇場
 平成29年度文化庁劇場・音楽堂等活性化事業
 出演
 浅沼圭、石垣文子、大熊聡美、中西良介、藤村昇太郎[牛乳地獄]、
 皆戸麻衣[ナイロン100℃]、村岡哲至

 2017/08/30(水)晴 7:30-8:42PM(1'10)中段中央 客席満員(150人)
 客層:20-30才代最多、ついで中年層。女性過半数。
 客入れ:開場時30人ほど。最前D席で7列。折り込みチラシ厚め、袋入り。
 パンフ B5冊子 6ページ。物販。DVDなど。カーテンコール2回1分。

 構成。・暗転、足踏み音。溶明。前傾姿勢でその場足踏み。ユニゾン、部分ズレる
 動き〜乱調。別れては疾走。「逃げろ」。ストップ、転倒。
 ・囲んだパネルにライブ映像。モノローグ。ぐるぐる疾走、逃げる。固まって、
  吊られる動き。
 ・女性1、男性3。モノローグ。私の見る風景をどう伝えるか。デュオダンス。
  シルエット投影、そこから現れる形。
 ・スマホでスナップショット。意味なく。待ち合わせ。床に時計モチーフの映像。
  ○○から、時間忘れる。
 ・発話、疾走、ダンス。オオカミが来たぞ〜原爆〜絶滅、世界の終わり。
  床に黒い波紋映像。絶叫〜破裂拡散するイメージの映像。溺れそう。

 追いつけない世界を体感。テキストと併走する動きはいずれも高速も、言葉が伝わる
 ことに驚かされ。無から点、流砂から景色の嵐、モノクロームからカラフルな色彩の
 変化に連れ、個の「景色」の記憶が観る者へ広がるよう。怒濤のステージに確かに
 伝わるものを残してて感慨ねこ。

 アフタートーク 8:48-9:16PM(28)7割方居残り
 白井晃、矢内原美邦

 白井 内容の前にKAATダンスシリーズのこと。ニブロールはダンスと言っていいか
  躊躇する。
 矢内原 言葉自体も身体して考える。離れると演劇も面白くない。太田省吾さんとは
  真逆。自分はダンスと言い切っている。コンテンポラリーダンスを観に行くと
  どこも同じような。型ができている。いかに打ち破るか。
 矢内原 (言葉が先行か)犬島がワークインプログレス。先行で書いて、言葉を
  覚えた状態で。今回は身体。劇作家に言わせると滅茶苦茶な本。
 白井 演劇は台本がありき。音楽が先行するときがある。 矢内原さんは空間と
  言葉と身体が同時?。
 矢内原  せーのでできるように1年間話し合いを重ねていく。
 白井 情報のラッシュ、自分で掴んでくれと。
 矢内原  10年前から言われている。坂口安吾は必要なものは美しいと書いている。
  私もそう思う。安吾の作品は屑から幅があるが、後で見直すと美しいと。
  舞踏はシンプルな中に沢山の情報がある。全てが必要、美しいと信じて、
  稽古を繰り返す。
 白井 ラッシュで受けて、後で頭の中で再構築している。
 矢内原  劇場の中だけで完結しない作品を目指して。
 矢内原  (ダンサーと俳優の差異)台詞ありきだったがダンサーは話せず、
  俳優は動けない。言われたことをどれだけ処理、努力できるか。復習して翌日
  挑むことが若い人ができない。俳優はどや顔でできたというが。できてないぞと。
 白井 今回は動ける話せる出演者で(みな応えてくれた)
 矢内原  (稽古場でサディストかというくらいインプットしている)皆若いし
  できるだとうと。頑なにダメといわず努力している,こなそうとする。
  他の現場でもできるといいなと思って。(稽古は長くやらない)短い時間で
  詰める、早く帰りたい。
 白井 風景をどう観るか。若い人達が食べたものの写真を残すのはなぜかと。
  生きた証を残したいのか。
 矢内原 犬島の元精錬所のスラグのこと。たった50年でいらなくなったものとなる。
  亡くなった人も簡単に忘れる。風景が持続的に続くものか、問いたかった。
  私たちも消えていく。作品として残したいと。

[月間一覧