[前頁] [ホーム] [一覧]

 二兎社公演42「ザ・空気 ver.2 誰も書いてはならぬ」

 @池袋 東京芸術劇場シアターイースト(2018/06/23-07/16 28ステージ)
 http://www.nitosha.net/
 全指定 一般6000円 25歳以下割引3000円 高校生以下1000円
  全国ツアー 6/17,7/20-9/2

 作・演出:永井 愛 美術:大田 創 照明:中川隆一 音響:市来邦比古
 衣裳:竹原典子 ヘアメイク:清水美穂 演出助手:白坂恵都子
 舞台監督:増田裕幸 宣伝美術:永瀬祐一 宣伝写真:西村淳
 票券:熊谷由子 制作協力:飯野千恵子 制作:安藤ゆか
 出演:
 安田成美:井原まひる(ビデオジャーナリスト・ネットテレビ局「アワ・タイムズ」
  代表)
 眞島秀和:及川悠紀夫(リベラル系全国紙政治部記者・官邸キャップ)
 馬渕英里何:秋月友子(大手放送局政治部記者・解説委員)
 柳下大 :小林司(保守系全国紙政治部記者・官邸総理番)
 松尾貴史:飯塚敏郎(保守系全国紙論説委員・コラムニスト)

 2018/6/30(土)晴 7:03-8:46PM(1'42)中段下手 客席満員(200人)
 客層:3世代、大人中心。男女半々。
 客入れ:B最前。折り込みチラシ厚め。パンフ A5冊子。パンフ 800円。
 カーテンコール 3回1分。

 舞台。国会議事堂を近くに望む記者会館ビルの屋上。下手給水棟、上手に階段室
 ドア。中央に場違いなビールパラソルと椅子2。
 お話。不祥事で追い詰められた首相、会見のその日、記者との癒着を証す文書が
 偶然発見されて、てんやわんや。

 笑えないお寒い政情を軽妙に笑いをまぶして描く、ウェルメイドの風刺(生々しい
 けど)コメディ。現場の人間の葛藤から日本を炙り出してさすが。怒りも嘆きも
 良く伝わり。松尾貴史の姑息な小悪党ぶりが◎。

[月間一覧