[前頁] [ホーム] [一覧]

 ニブロール「距離のない旅」

 @横浜 神奈川県青少年センター スタジオHIKARI(2022/07/22-24 5ステージ)
 全自由 一般前売3000円 当日3500円 18歳以下前売・当日:1500円

 作・演出・振付:矢内原美邦 映像・照明・美術:高橋啓祐 音楽:スカンク/SKANK
 原作:宮沢賢治「ガドルフと百合」
 衣裳:田中洋介 映像・照明:デイビット カークパトリック
 宣伝美術:高橋啓祐 制作:笠木泉
 協力:近畿大学矢内原研究室 Murasaki Penguin
 共同製作・企画・主催:一般社団法人ニブロール、神奈川県
 出演:
 青木萌:ガドルフ 人か彪か
 細谷貴宏:曖昧な犬 犬か鳥か
 小山衣美、黒田杏菜:百合たち
 笠木泉:案内人
 アンサンブル参加の高校生たち:木々

 2022/07/24(日)猛暑 1:03-2:04PM(60)前方とか 客席満員(40人)
 客層:20-30才代中心、2世代、子供連れあり、女性過半数。
 客入れ:1Fで受付、2Fへ案内。感染対策。検温、手指消毒。チケット代わりのリスト
 バンドもらい。丸椅子5,6列。前後で進行するので丸椅子は適切。後半はホール内、
 外側2面に丸椅子、中央に島状にベンチ席。当日パンフ B5冊子 上演台本掲載。
 カーテンコール1回。

 回遊型演劇、2Fエントランス、外通路2面=「森」を経てホール=「黒い部屋」へ
 移動する趣向。
 ・エントランス
 舞台。壁に回転式で移ろう背景・影絵を投影。衣装は新聞紙柄に帽子のガドルフ、
 真っ黒の着ぐるみの曖昧な犬。
 お話。後ろ向きのガドルフへ、そう言われれば前向きのことしか言えない曖昧な犬の
 対話・問答。
 
 ・外通路2面
 森の木々を踊る12人。衣装は白地に木々の緑布飾り。移動兼休憩10分間でフォーメー
 ションダンス。出てきたガドルフと曖昧な犬も、群舞をかき分けるように移動。

 ・ホール
 舞台。暗色。白紗幕がいくつも下げられ、風のように流れる映像投影。百合たち
 それぞれの机。壁際に白い世界地図の衝立。百合の衣装は白地に大判の緑布飾り、
 超長尺の白いベール?。
 お話。黒い部屋でガドルフと曖昧な犬は、白い百合たちの恐れと憤りに出会う。
 木々(世界)はその小さな部屋を巡り、踊り続ける。時にそれは行軍のようで
 ティーカップをもつその手は震えが止まらない。

 今の生活実感、不安と恐れ、明日が見えないから始まるニブロール。これまでもそう
 だったけど、黒い部屋の浸かり沈み、時に奔流に呑み込まれそうになる空間演出で
 その感を一層強くし。そんな中、止まることのない、それでも歩いていく、
 装うことをしない若い身体のダンスと俳優の言葉は、一点の明かりのよう。小さくも
 頼りの明日をみたようで、心和らぐねこ。

[月間一覧