[前頁] [ホーム] [一覧] [次頁]

 勅使川原三郎/KARAS アップデイトダンスNo.51「青い花」

 @荻窪 カラス・アパラタス/B2ホール(2018/05/17-25 8ステージ)
 全自由 一般 予約3000円 当日3500円 学生2000円

 演出・照明:勅使川原三郎
 出演:勅使川原三郎、佐東利穂子

 2018/5/19(土)晴 4:06-5:08PM(59)後方中央 客席ほぼ満席(50人)
 客層:大人客席。男女半々。
 客入れ:開場時20人ほど。雛壇に座椅子4列。折り込みチラシ数名。
 パンフなし。カーテンコール3回2分。終演後トーク9分。

 4ヶ月ぶりのアップデートダンス、2日間だけの特別公演の再演。ドイツの小説家
 ノヴァーリスの幻想的な小説に着想した作品。
 構成。時計音、風音、起立瞑想する勅使川原。次第ほどけ,海鳴りまた雨だれが響き
 時折稲妻が光る中で。ブルーの照明、現れる佐藤。背後から勅使川原。繰り返される
 音楽とシーン。やがて、狂おしいほどに早間にデュオ。
 瞑想、夢の広がり、出会い。いつになくシアトリカルでエモーショナルな印象。
 勅使川原が憧憬する佐藤は、タイトルの花のように美しく、時に化物のように
 恐ろしく等、見方が変わってたっぷりと魅惑的。

 トーク 5:08-5:17PM
 勅使川原 直ぐ再演する行動が取れるのがアップデートダンス。
 佐藤 作家の精神をくみ取る筋道がしゃきっとある。殊更に思える作品。
 勅使川原 内省的な作品、逆に外への激しい感情が。昨今は全て暴き立てる風潮だが
  秘められたものがそのままあってほしいと。混迷の時代にいながら、自分から
  なにか美しいものを掴むこと。

[月間一覧