[ホーム](個別ページができ次第、そちらにリンクします。)

 東京にこにこちゃん「さよならbye-bye、バイプレイヤー」

 @荻窪 荻窪小劇場(2020/01/07-11 10ステージ)
 全自由 予約3000円 当日3300円

 主宰・脚本・演出:萩田頌豊与(はぎたつぐとよ)
 照明:中西美樹 音響:萩田頌豊与 音楽:金田陸 大道具:石倉研史郎
 舞台監督adv:豊田龍人 制作:制作坊屋 フライヤー:大墨天狗 撮影:熊沢昴、川村大樹
 https://twitter.com/CollinesBar

 前説:尾形悟

 出演:
 大須みづほ           :三国 喜笑(みくに きえ)
 新山志保[盛夏火]        :安藤 多愛(あんどう たい)
 うんこ太郎[劇団どろんこプロレス]:襟空 葦 (えりそら あし)
 Q本かよ            :時野 桜 (ときの さくら)
 星秀美             :吉良 羅喜(きら らき)
 ホリー・ポッター[ゴキブリコンビナート]:母井 風冷(ははい ふれ)
 江原パジャマ          :雲林 紅白(くもばやし こうはく)
 直木ひでくに          :加武 冨 (かだけ とみ)
 てっぺい右利き         :呂井 寺 (ろい てら)
 尾形悟[演劇ユニット マグネットホテル]:志津賀 雨(しつが あめ)
 劇中劇『佐藤マナミ物語』
 主宰・脚本・演出:襟空葦
  
 劇中劇出演:
 占良 羅喜(きら らき)      :佐藤マナミ
 加武 冨 (かたけ とみ)     :田中マサオ
 雲林 紅白(くもばやし こうはく):小林ケンタ
 時野 桜 (ときの さくら)    :酒井リカ
 安藤 多愛(あんどう たい)    :鈴木アヤナ
 母井 風冷(ははい ふれ)    :松本アカネ
 三国 喜笑(みくに きえ)    :高橋レイ
 志津賀 雨(しつが あめ)    :ナレーション
  劇中劇staff
  照明:呂井寺 音響:襟空葦 舞台監督:襟空葦 大道具:襟空葦 小道具:襟空葦
 制作:襟空葦 フライヤー:襟空葦 撮影:襟空葦 運転:襟空葦 弁当発注:襟空葦
 ゴミ拾い:襟空葦

 2013年旗揚げ、初見ねこ。旧アール・コリン久しぶり。
 舞台。演出家の長机、奥に一段高く多角形の舞台。上手衣裳ラックと姿見、下手
 小道具置き。
 お話。バックステージ・シリアスコメディの体。確固たるレパートリーを繰り返し
 上演し続けている作演出家の公演。主役ヒロイン・羅喜の影に隠れた格好の脇役、
 とりわけ悲劇的な役回りの女優・喜笑は演出意図からカーテンコール不参加。
 同情を寄せられても慎む彼女だったが…。隠されていたそれぞれの思惑が続々現れて
 今夜は荒れ模様。

 これは面白い。なんでもござれで大混戦、小劇場演劇はこうでなくちゃな滅茶苦茶
 経由で夢のラストへ。大胆でいて細心なドラマづくり。ごった煮ならぬ、素材の
 まま、ナンセンス、愛憎サスペンス、純情友情/愛情ドラマらがざくざくと展開。
 ギャグめく台詞をバカにまぶしたかと思うと、切ない心情を繊細に交わす。
 ゲラゲラワクワクしんみり、もう落ち着いて見ていられず、最高です。劇中劇との
 連携はあり得ない内容だけど、巧みにできていて、外さない。後半、渦巻くドラマ
 へ引き込まれるねこ。

 個性が粒立つ、全員主役のキャスティングがよくて、お楽しみに輪を掛け。
 本寸法ヒロインの輝きを貫く異様さ、星さん。薄幸のまま荒くれる危うさ、大須さん。
 クールで舌鋒鋭い新山さんと、とらえ所無い小動物・ホリー・ポッターさんは常時
 マークすべき存在。さりげなく演技巧者、プリチーも毒を吐く、Q本さん。
 面白台詞を真顔ではき続けて愉快な、直木さん。

[月間一覧