前頁 ] ホーム ] 一覧 ]

 劇団チョコレートケーキ第34回公演「一九一一年」

 @三軒茶屋 シアタートラム(2021/07/10-18 12ステージ)
 全指定 前売4300円 U25 3800円 当日4500円

 作:古川健[劇団チョコレートケーキ] 演出:日澤雄介[劇団チョコレートケーキ]
 舞台美術:長田佳代子 照明:松本大介 (松本デザイン室) 音響:和田匡史
 衣装:藤田 友 演出助手:石塚貴恵 舞台監督:本郷剛史 宣伝美術:R-design
 写真:池村隆司 撮影:神之門隆広 (tran.cs) Web:ナガヤマドネルケバブ
 制作:菅野佐知子[劇団チョコレートケーキ]
 出演:
 大逆事件予審判事
 西尾友樹[劇団チョコレートケーキ]:田原巧(東京地裁判事)
 佐瀬弘幸[SASENCOMMUN]:潮恒太郎(東京地裁判事)

 大審院
 青木柳葉魚[タテヨコ企画]:横田国臣(大審院長)
 吉田テツタ:鶴丈一郎(大審院判事・大逆事件本審裁判長)
 岡本篤[劇団チョコレートケーキ]:末弘厳石(大審院判事・大逆事件本審判事)

 検察
 島田雅之[かはづ書屋/studio4093]:武富済(東京地裁検事局)
 近藤フク[ペンギンプルペイルパイルズ]:小原直(東京地裁検事局)
 林竜三:松室致(検事総長)
 浅井伸治[劇団チョコレートケーキ]:平沼騏一郎(司法省刑事局長兼大審院次席検事)
 弁護士
 菊池豪[Peachboys]:平出修(与謝野鉄幹に弁護を依頼された青年弁護士)

 谷仲恵輔[JACROW]:山蘇有朋(元老)

 堀奈津美[DULL-COLORED POP]:管野須賀子(被告・無政府主義者)、婦人(新日本
  婦人同盟の女性解放運動家)

 アンサンブルキャスト 加藤広祐、栗原孝順、浦田大地

 2021/07/10(土)曇|雷雨 7:00-9:17PM(2'16)前方上手 客席ほぼ満員(180?人)
 客層:20-30才代中心。男女半々。
 客入れ:感染対策。検温、手指消毒、セルフもぎり。通常客席、最前C列。
 当日パンフ B5 3ページと参考資料 A4 3ページ。カーテンコール2回後、規制退場。

 2011年初演作、ねこ未見。
 舞台。木製机と椅子を積み上げた壁。上部は崩れかけという。下手寄りに出入口。
 全体前後移動して、圧を高め。
 お話。天皇暗殺を計画したとして、社会主義者達が証拠不十分なまま処刑された
 大逆事件を題材に描く。
 
 国家と国民を個人ベースで、権力を欲望と保身由来で人間臭く語り、闇オチする
 過程を生々しく描き。コロナ禍の政のドタバタをみるにつけ、なんとかならない
 ものかと思う心が重なり、得心もやるせなさ一層感。みんな、伝えられない、
 拡がらない力が強すぎるのね。ハードコアな内容の折々で人の柔らかい部分、
 愛おしさや滑稽さが滲んで味わい。照明の明暗、陰影、影の演出が言外に多くを
 語らせて巧し。そんな人がそんな風にいて振る舞う、メイクや衣裳を含めて迫真。
 宮仕えの悲哀は時代によらず。そんな中、堀奈津美さんが染まず強く輝き、素敵。

[月間一覧