ホーム ] 一覧 ] 次頁 ] 


 青山円形劇場プロデュース「転校生」 第8回青山演劇フェス〜女子高生1994〜

 @渋谷・青山円形劇場 (1994/11/1-4 8ステージ)
 作・演出:平田オリザ(青年団) 美術:杉山至+ZEST 照明:岩城保+ZEST
 衣裳:池田しょう子 舞台監督:野口毅 舞台監督助手:高橋麻衣子
 美術協力:潟Aルチザン 宣伝美術:高橋雅之 宣伝写真:久保田昭人
 企画・制作:能祖将夫、大川志津子(こどもの城劇場事業本部)

 出演:青山演劇ワークショップ選抜の女子高校生たち
 堀江ルイナ、さわきゆきこ、梶ヶ谷祐子、渡辺香奈、端田新莱、加納彩、
 石神昌美、酒井晴江、関牲生、山谷典子、大坪亜紀、石村友見、田村友佳、
 吉田浩子、井口千寿瑠、杉原文子、森村冬子、青山麻紀子、吉田直子、林亜友、
 桑原裕子

 1994/11/3(木祝)6:35?ー7:40PM くもり          ほぼ満員

 深刻や変話題もあっさりの取り留めなさ、◎。ラストは、せつなくて泣きねこ。

 青年団みたい基調舞台。ペーパーホワイト一面。背もたれのない21個の椅子が
 整然と並ぶ。机なし。上下に通路スロープ。頭上には、長短パイプのチャイム。
 かすかに揺れる音色、命令口調じゃない優しさ。天国的にも感じた舞台の女子生
 達にとてもあって、◎。制服。ポケットのワンポイントもいいグレーのブレザー、
 赤いチェックのミニスカ、赤いリボン。ベストはグレー(カーディガンは自由?)。
 かわいい制服です。

 お話し。ある日目覚めたら、転校生になってたという子がやってきた教室の一日
 無邪気さと、世界を垣間見る不安な心。人はなぜうまれてくる?、どのようにし
 てうまれる?の疑問。文化祭発表準備での差別される「世界の高校生」達の記事
 などのWHYとHOW。「変身」、「風の又三郎」のこと。が、とりとめなく、
 だけど時に重く、平行した会話で描かれていく。

 台詞の絡まりが、すごく楽しい。ぽんぽんはずんで飛ぶ会話が、◎。堂々とした
 演技だし。現役の高校生ですよね。たいしたものです。
 ラスト◎。転校してきた子と転校するかもしれない子の二人。自分の椅子に頬杖。
 互いに手をさしのべ、触れ合う。居場所と時間を確かめ、繋ぎとめるように。
 はかなげなで、胸にくるねこ。記憶に残るだろう場面。

 あとは。変身の話しをする順子役・吉田浩子さんが、たよりになりそな(?)感じで
 いい。顔がはでめでショートの美和子役・さわきゆきこさんも、期待できそう。
 みんな、輝いてる。微笑みねこ。また、どこかで舞台の彼女達をみたいなあ。

 [月間一覧] [青山演劇フェスティバル]