[前頁] [ホーム] [一覧]

 オフィス3○○「鯨よ!私の手に乗れ」

 @三軒茶屋 シアタートラム(2017/01/18-02/05 28ステージ)
 https://setagaya-pt.jp/
 全指定6800円

 作・演出・振付:渡辺えり 舞台監督:戸沢俊啓 音楽:近藤達郎 音響:藤田赤目
 照明:立川直也 美術:伊藤雅子 振付協力:小出奈央 宣伝美術:園田昭彦
 制作・票券:後藤まどか 地方制作:村尾則章 製作:(有)おふぃす3○○
 出演:
 銀粉蝶  :神林生子(痴呆症の母)
 土屋良太 :神林公男(次男)
 広岡由里子:神林美代子(その妻)
 桑原裕子[KAKUTA]:神林絵夢(長女。劇団主宰)

 渡辺えり :鶴子、桃子、道子、清子、みんなの母
 木野花  :藍原佐和子(入所者 元劇団演出)
 久野綾希子:吉川涼子(入所者 元劇団員)
 鷲尾真知子:水島貴子(入所者 元劇団員)

 小川知  :田中静江
 吉田芽吹 :生子の中学生の頃、神林乙女
 佐藤友紀 :佐和子の中学生の頃、和子
 原田菜奈 :河野真由美、貴子2
 小出奈央 :本村良子、潜水夫
 川口龍  :佐々木三郎、潜水夫
 石井幸  :万田孝蔵、潜水夫
 秋山日登美:高橋真子
 坂梨磨弥 :涼子2、介護士、潜水夫
 官本翔太 :鈴木、警備員
 町田達彦 :喜屋武、潜水夫
 岩崎浩太郎:霧宮昇、介護士
 菊地祥子 :介護士
 
 2017/02/02(木)晴 4:05-5:59PM(1'52)前方下手客席 ほぼ満員(200人)
 客席:20才代と中高年、まさに舞台上と一緒。女性9割。
 客入れ:最前B列の通常。折り込みチラシ厚め。パンフ A4 1枚。
 次回公演。9/15-24「川を渡る夏」演出:稲葉賀恵 すみだパークスタジオ倉
 来年2/18-27「深夜特急」演出:大森寿美男 ザ・スズナリ
 物販。パンフ A4 1000円。出演者ページにサイン入り。カーテンコール1回、
 えりさんトーク2分。
 
 渡辺えり新作。20世紀小劇場演劇を率いてきた女優達が集結。
 舞台。流れる雲かという模様の床と壁。両壁の上には流れるオブジェが付き。
 壁面からはジオラマや「鯨」がポップアップ。病院ベッドら持ち込み式。
 お話。痴呆症の老女達が暮らす老人ホーム。ジオラマ作りに余念がない女性のもと、
 東京で劇団を主宰する娘が訪ね来るがそうとは判らない。弟夫婦に任せきりの
 後ろめたさ転じて、連れだしを宣言、一悶着を起こす。どうも母親は妄想癖があった
 少女時代の友人と劇団をつくっていたらしく。離島の難民少年を救う劇中劇を交え、
 時空と虚実を行き来、時を止めた老女達の夢を描く。

 夢見る演劇、ここにあり。演劇ラブに溢れた渡辺えりの快作。ベテラン女優達が
 いきいきと活躍。キャリアならではの、他に得難い情感を添えて素敵。
 田根楽子さん急病代役の銀粉蝶、後半翻っての鮮やか演技。キレのいい台詞回しが
 堪らないねこ。凡庸を嘆く主婦役・広岡由里子が女優として立ち、朗々と唐十朗な
 台詞を放つのが楽しい。また、若手俳優達がベテランとも対等に持ち味を生かして
 いるのが気持ちいいねこ。

 アフタートーク 6:01-6:22PM(21)ほぼ居残り 安井謙太郎(Love-tune)、渡辺えり
 渡辺 安井さん紹介。ラブチューンって?(愛の旋律)いい名前だねえ。
 安井 (共演した)三婆が初舞台。ガチガチ、えりさんにはシカトされるし
 (そういう演出だからね)
 渡辺 朗読劇じゃないと演出の福田さんに。どんどんよくなって、昭和の演技に。
 安井 (今日の感想)えりさんの舞台は初めて。台詞が歌だなと(詩的ということ?。
  今はそういう芝居がないから。)普段は使わない、実はロマンチストな人
  なんだなあと。
 渡辺 演劇少女だったから、キレイなものが好き。
 安井 時計層の場面がいい。
 渡辺 「生きた時計草ような花」という台詞の場面。生まれて初めて時計草を
  生でみてショック、すごくキレイ。舞台が時を止める話だから。
 安井 歌って踊って、すごくエンターティメントですよね。
 渡辺 シンプルなのがイヤ、今日日のなにもない舞台を見ていると寂しくなる。
 安井 ジャニーさんに近い。ごった煮の舞台。えりさんと話があうと思う。
 渡辺 (安井さんの年を聞く、25才)40年前といっているけど、私にはすぐの前の
  こと。アングラぽい芝居をまたやろうと思った。状況劇場公演、客入れのことら
  思い出話。待ち時間にジャズ喫茶で聞いていたのがマッコイタイナー。
  客入れの時流していたが、誰も言ってくれない。知っている人だけ、知っていれば
  いいのが小劇場。
 安井 そんな風に言い切る格好良さがある。
 渡辺 (どんなところから物語が)母親の介護をしたときのショックを芝居に
  したかった。でも社会派にはしたくない。民芸の八月の鯨をみていいなと、
  冬に夏の鯨をみる。それとスペインのアニメ映画「しわ」がよくて。
  三婆をやりながらも1年間考えながら。
 安井 (踊りが巧いね)独学で。ジャニーズは一発勝負、それでダメだと外され
  ちゃう。(厳しい。だからみんなまじめで熱心なんだ。)
 安井 (自分で振りつけた、どう?。)かわいい、Hぽい。(振り付け意図について
  説明。)
 渡辺 ジャニーズの公園に生きた。おっかけになったらどうしよう。
 (これからの予定)旧作を初めて自分以外の演出で上演する。
 安井 「いつか死ぬなら死ぬまで頑張れ」と言う言葉が印象。
 渡辺 若い人へ言いたい言葉。

[月間一覧