[前頁] [ホーム] [一覧]

 ホリプロ「てにあまる」

 @池袋 東京芸術劇場 プレイハウス(2020/12/19-01/09 19ステージ)
 全指定 SS席12000円 S席9800円 サイドシート7000円 Yシート2000円(20歳以下)
  @佐賀 鳥栖市民文化会館 1/16-17
  @大坂 大阪新歌舞伎座 1/19-24
  @愛知 刈谷市総合文化センターアイリス・大ホール 1/26-27

 作:松井周[
サンプル] 演出:柄本明[東京乾電池]
 美術:土岐研一 照明:日高勝彦 音響:藤田赤目 衣装:宮本まさ江
 ヘアメイク:大和田一美 演出助手:吉橋航也 舞台監督:幸光順平
 特別協賛:Sky株式会社 企画制作:ホリプロ
 出演:
 藤原竜也 :鳥井勇気(IT会社社長)
 柄本明  :佐々木隆彦(勇気の父親。訳あって家政夫に雇われ)
、高杉真宙 :三島茎水(勇気の部下)
 佐久間由衣:鳥井緑(勇気の妻)

 2020/12/23(水)晴 7:00-8:37PM(1'36)1F前方上手 客席ほぼ満員(600?人)
 客層:20-30才代女性中心に女性8割。
 客入れ:感染対策。検温、手指消毒、セルフもぎり、連絡先カード記入。
 1席あけはない通常客席。折り込みパンフなし。物販。パンフ1600円、トートバッグ
 1500円、Tシャツ2500円、クリアファイル、缶バッチほか。カーテンコール2回後、
 規制退場。

 松井周書き下ろし。柄本明 外部初演出、そうなんだ。
 舞台。ボロアパート部屋、高級マンションリビングをスライド。時折現れる黒壁が
 無気味。唐十郎?と思ったり、高級そうなハリボテ感に東京乾電池を想ったり。
 お話。仕事と夫婦関係に問題を抱えているIT社長。不遇を託っていた父親を
 家政夫にと招きいれた真意とは。

 未知との遭遇、相容れないモノと出会う、恐怖と面白さ。家族の成り立ち、虐待の
 連鎖と葛藤を描くけど、根源にあるのが人間未満なモノなので「てにあまる」と
 いう。さらに、仕事や部下との過分なストレスも、やすみなくやってくるという。
 事ほどさような騒動を、藤原竜也、柄本明の温度差ある対決対話で不穏な中も
 滑稽味をまぶし、主人公・IT社長の妄想や狂気を加え(変態性は控えめ)、
  トリップ感あるものとし。ゲーム演出をいれるのがシニカルも切ないところ。
 4者4様の立ち姿、演技スタイルが粒立ちよくて素敵。美男美女が虐められやすい
 のは、本作演出に限らないお楽しみか。1月WOWOWで又見られるのが嬉しいところ。

[月間一覧