[前頁] [ホーム] [一覧]

 ホリプロ「ビリー・エリオット リトル・ダンサー」

 @赤坂 赤坂ACTシアター(2017/07/19-10/01 100ステージ)
 http://www.tbs.co.jp/act/
 全指定 S席13500円 A席9500円
  @梅田芸術劇場メインホール 10/5-11/4

 ロンドンオリジナル・クリエイティブスタッフ
 脚本・歌詞:リー・ホール 演出:スティーヴン・ダルドリー
 音楽:エルトン・ジョン 振付:ピーター・ダーリング
 美術:イアン・マックニール 演出補:ジュリアン・ウェバー
 衣裳:ニッキー・ジリブランド 照明:リック・フィッシャー
 音響:ポール・アルディッティ オーケストレーション:マーティン・コック
 日本公演スタッフ
 翻訳:常田景子 訳詞:高橋亜子 演出補:甲斐マサヒロ 振付補:前田清実
 音楽監督補:鎮守めぐみ 歌唱指導:山川高風 照明補:大島祐夫 音響補:山本浩一
 衣裳補:阿部朱美 ヘアメイク:studioAD 擬闘:栗原直樹
 演出助手:西祐子、伴眞里子 舞台監督:徳永泰子 技術監督:小林清隆
 プロダクション・マネージャー:金井勇一郎 コーチ協力
 クラシックバレエ: K-BALLET SCHOOL タップダンス: Higuchi Dance Studio
 アクロバット: コナミスポーツクラブ
 出演:
 ビリー:未来和樹(加藤航世、木村咲哉、前田晴翔、山城力)
 お父さん:益岡徹(吉田鋼太郎)
 ウィルキンソン先生:柚希礼音(島田歌穂)

 おばあちゃん:根岸季衣(久野綾希子)
 トニー:藤岡正明(中河内雅貴)
 ジョージ:小林正寛
 オールダー・ビリー:栗山 廉[Kバレエ カンパニー](大貫勇輔)

  森山大輔、家塚敦子、大塚たかし、加賀谷真聡、北村毅、佐々木誠、高橋卓士、
  辰巳智秋、橋本好弘、羽鳥翔太、原慎一郎、丸山泰右、横沢健司、木村晶子、
  小島亜莉沙、竹内晶美、三木麻衣子、秋山綾香、井上花菜、出口稚子

 マイケル:城野立樹(古賀瑠、持田唯颯、山口れん)
 デビー:香好(佐々木琴花、夏川あさひ)

 バレエガールズ
 小野 梓、久保井まい子、近貞月乃、並木月渚、堀越友里愛(遠藤美緒、
 大久保妃織、佐々木佳音、高畠美野、新里藍那)

 トールボーイ:笹川幹太(小溝凪、山城力)
 スモールボーイ:岡野凜音(菊井凜人、桜井宙)

 2017/08/17(木)曇 5:45-8:44PM(1'22/休20/1'15)2F下手後方 客席7割(1000人)
 客層:20-30才代女性中心。子供連れちらほら。
 客入れ:折り込みチラシ厚め。パンフなし。物販。パンフ 2000円 Tシャツ2800円
 クリアファイル600円 ほかパーカー、タオル、ボトル等。カーテンコール演出1+
 2回2分。スタンディング結構。

 舞台。バレエ学校、集会所をテキパキ壁で転換。持ちこみ式でキッチンと子供部屋の
 二階建て家装置。
 お話。サッチャー政権下、炭鉱閉鎖に反対し長期スト決行の炭鉱町。そこで育った
 少年ビリーがバレエと出会い、ダンサーを目指す。

 辛い現実と夢が重なり、少年の未来に繋がっていく。ほろ苦くも爽やかなミュージカル。
 バレエ教室とスト場面が併走する場面が劇的。意志の力の重なりと運命の対比が
 胸を打つ。イギリスの歴史を知らずとも体感できる演出とし。不器用だけど
 優しい父に益岡徹。口は悪くも愛情深い、華あるダンスバレエ教師に柚希礼音。
 ビリー役の未来和樹君が達者で驚き、友人マイケル役城野立樹の愛嬌に微笑むねこ。

[月間一覧