[前頁] [ホーム] [一覧]

 大人計画/PARCO 大パルコ人(4) マジロックオペラ「愛が世界を救います(ただし屁が出ます)」

 @渋谷 PARCO劇場(2021/08/09-31 27ステージ)
 全指定11000円 ヤング券(U-25チケット)6000円
  @大坂 COOL JAPAN PARK OSAKA・WWホール 9/4-12 10ステージ
  @仙台 電力ホール 9/15-17 3ステージ

 作・演出:宮藤官九郎[大人計画] 音楽:上原子友康[怒髪天]
 美術:小泉博康 照明:大島祐夫 音響:大木裕介 衣裳:伊賀大介
 ヘアメイク:山崎聡 振付:八反田リコ 映像:KENNY:横山翼
 音楽アドバイザー:益田トッシュ ローディー:上甲陽仁
 歌唱指導:蔵田みどり アクション指導:前田悟 演出助手:大堀光威
 舞台監督:榎太郎 宣伝イラスト:おおひなたごう 宣伝美術:箭内道彦
 制作:北條智子、赤堀あづさ、横山郁美[大人計画]、藤原治(パルコ)
 プロデューサー:長坂まき子[大人計画]、田中希世子(パルコ)
 企画:大人計画 製作:大人計画、株式会社パルコ
 出演:
 のん  :NON、マイノくん
 村上虹郎:にじろー
 三宅弘城:ホイ、アップルストア店員、司会、ディスチャージ大佐、ヤナギダ、小卒
 荒川良々:兄ポリス、イポ美、しゃぷやん、ジョン
 伊勢志摩:愛、元宝ジェンヌ、カヨ、ギャー子
 少路勇介:甘栗しゅんぺい、アルパカ、ジャッキー、北方先生
 よーかいくん:R2C2.5、万引き
 YOUNG DAIS:弟ポリス、ポール
 宮藤官九郎:監督、ケンタウルス、立花、全否定
 藤井隆 :タモツ、大江三千里、冴木のぞむ

 映像出演:皆川猿時、森山直太朗、上原子友康[怒髪天]、坂詰克彦[怒髪天]、
      清水ミチコ
 声の出演:でんでん、田村たがめ

 2021/08/10(火)晴 6:00-8:45PM(90/休20/55)最前方 客席ほぼ満員(600人?)
 客層:20-30才代と中年層の2世代。女性7割?。注意掲示も一部お喋りし続け。
 客入れ:感染対策。検温、手指消毒、セルフもぎり。全員参加用BBクッションが
 萎んでも自分で吹かないよう注意。最前B列。当日パンフなし。物販。パンフ
 A4 1800円 Tシャツ3000円。カーテンコール1回で終了。規制退場はエレベータと
 外階段らに別けて誘導。

 2016年以来のシリーズ最新。
 舞台。宮下公園ガード下の体。上手に共用個室トイレ、下手に大階段。背景に渋谷
 書き割り。
 お話。2055年の渋谷、11年前の戦争で破壊された街。祖父を探す少女NONが現れ、
 浮浪者にじろーと出会う。共に超能力者だが、但し書きがつく性癖がオマケでついて
 くる。テレパシーがおじさん声、予知するには放屁必須。そんな二人に音楽プロデュ
 ーサー・大江三千里が、秘めた企みをもって近づいてくる。
 
 クドカン流「これでいいのだ」全開のお祭舞台。災禍に憎悪と否定がはびこる闇世に
 あるがままを受け入れる肯定の前向きビームが穴を穿つ感。異様な明るさ/沢山の笑い
 で今の幸せを感じさせてくれ、気持ちが軽くなったねこ。訳あり超能力に併せて、
 普通コンプレックスからの開放を描いたのとか、なかなか鋭いところ。

 5割増しでふざけてる怒濤のねたづくし。未来の設定だけど、80〜90年代と時事ネタ。
 パロディの巧さ、(ドイヒーも)センスの良さで客席の笑い絶えず。みんなが
 見たかったあれやこれやをやってくれた感。歌詞がアレだけど、ハイクオリティの
 音楽が耳と体に楽しいところ。
 三宅さん、荒川さん、今回なんといっても伊勢志摩さんが八面六臂の大活躍。
 藤井さんは無茶振りでてんてこ舞い、面白い。のんさんが既存TVイメージと
 違うのもよく、とても可愛くてまいる。

[月間一覧