[前頁] [ホーム] [一覧]

 キューブ ケムリ研究室no.2「砂の女」

 @三軒茶屋 シアタートラム(2021/0822-09/05 18ステージ)
 全指定 8800円 学生割引券5500円
  @兵庫 兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール 9/9-10 3ステージ

 原作:安部公房(1962年)上演台本・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
 音楽・演奏:上野洋子 振付:小野寺修二
 美術:加藤ちか 照明:関口裕二 音響:水越佳一  映像:上田大樹、大鹿奈穂
 衣装:伊藤佐智子 ヘアメイク:宮内宏明 演出助手:山田美紀
 舞台監督:福澤諭志 宣伝美術:チャーハン・ラモーン
 プロデューサー:高橋典子 制作:川上雄一郎 瀬藤真央子 重松あかり
 製作:北牧裕幸 企画協力:ラウダ
 出演:
 緒川たまき:女
 仲村トオル:男(仁木順平)

 オクイシュージ:村人、巡査、教頭、出版社の男、砂子
 武谷公雄:村人、巡査、田村、砂子
 吉増裕士:村人、小便男、宇野、砂子
 廣川三憲:村人、巡査、道に迷った男、砂子

 町田マリー:男の妻(声とシルエット)

 2021/08/23(月)晴 6:00-8:51PM(81/休15/74)前方上手 客席ほぼ満員(200人)
 客層:2世代、20才代とベテラン、女性7割。今日も会話を控えない人達あり。
 客入れ:外に入場待ち列出来。感染対策。検温、手指消毒、半券に氏名、電話番号を
 記載しセルフもぎり。C列最前の通常客席。最後尾のトラムシートも販売。
 当日パンフ B5 1枚。物販。パンフ B6? 1200円。小型で○。トートバッグ1500円。
 カーテンコール2回後規制退場。

 KERAと緒川たまき 企画第2弾。安部公房原作は初?。
 舞台。舞台高さ一杯まで使い、黒幕に映像を投影して「砂穴」とし。中央に
 あばら屋、盆にのせて表裏みせ。音楽・演奏は下手天井に近い「地上」より。
 お話。海辺の砂丘へ稀少な昆虫採集にやってきた男。一夜の宿のつもりが、
 女が住む砂穴の一軒家に閉じ込められてしまう。脱出を試みるのだが。
 
 濃密な演劇体験、スズナリの最前列で見る没入感あり。空間演出がなかなか凄い。
 布をスクリーンにして、砂の流動を生々しく表現。覆いかぶさるように高所まで
 行き渡り。オノデランのモブ(砂子)ステージングが不安な心象を巧く醸し出し。
 上野洋子の音楽や声が、写実を越えて場景を現し。歌舞伎、ホラーの効果に通じ。

 そんな中でKERAさんでは珍しい、湿った男女芝居が行われたりで、むむむねこ。
 映像使い、デフォルメ、ギャグめき、オノデラン振付などで過ぎない工夫が
 されているけど、後半はなかなか。無機的な作品にさじ加減良く見所を処し。
 さじ加減といえば、警官達の不条理、ナンセンスなやりとりを挿入。笑いが沸いたり
 の換気休憩な配慮が嬉しいところ。

 仲村トオルさんが気骨ある好漢ぶり、猥雑な村人達の(ギャグ)包囲網にも屈せずの
 ポジティブなかっこよさ。緒川たまきさん。生活に根ざしているのに、どこか
 現実感のない他人事かという、謎めきがある女。この距離感は素敵で面白いねこ。
 ガヤな役どころの他出演者がご存じの個性派、声がいい等魅力的。会話場面は
 多くないけど、楽しませてくれ。
 

[月間一覧