[前頁] [ホーム] [一覧]

 マームとジプシー「CITY」

 @与野本町 彩の国さいたま芸術劇場 大ホール(2019/05/18-26 10ステージ)
 全指定 S席5500円 A席4500円 U-25(A 席対象)3000円
 SAFメンバーズ S席5000円 A席4000円
  @兵庫 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール 5/29
  @豊橋 穂の国とよはし芸術劇場PLAT 主ホール 6/1-2

 作・演出:藤田貴大 衣装:森永邦彦(アンリアレイジ) ヘアメイク:池田慎二
 照明:南香織 音響:星野大輔 映像:召田実子 擬闘:栗原直樹
 舞台監督:大畑豪次郎 宣伝美術:名久井直子 宣伝写真:井上佐由紀
 出演:
 柳楽優弥:ぼく/おれ

 井之脇海:あのひと
 宮沢氷魚:幼なじみ
 青柳いづみ:いもうと
 菊池明明:やどなし

 佐々木美奈:刑事A
 山本直寛:刑事B

 尾野島慎太朗:作業員1
 石井亮介:作業員2
 波佐谷聡:作業員3
 中島広隆:作業員4
 辻本達也:作業員5

 内田健司[さいたまネクスト・シアター]:コレクター

 船津健太:獣医
 續木淳平[さいたまネクスト・シアター]:清掃員

 2019/05/19(日)晴 6:32-8:16PM(1'41)最前方 客席満員(670?人)
 客層:20-30才代女性中心。
 客入れ:最前E列。折り込みチラシ厚め。パンフ A5見開きクリアファイルに紙片
 同梱。物販未確認。カーテンコール4回。最後はスタンディング(お約束?)。

 藤田貴大新作。柳楽優弥の久々舞台出演で話題。
 舞台。白パーティション持ちこみ、連ねては分解を繰り返して展開。映像を投影して
 より立体的。衣装は全白、昼の時間はそのまま、夜になると光をまとうようにして
 輝き、効果的。
 お話。正義のため、制裁も厭わない顔をもつ、ぼく/おれ。やがて、能力で街を
 支配しようとする悪人と対峙することになる。

 心機一転?、自発追想モチーフから善悪の攻防を描くSFフィクションで驚かされる
 今回。勧善懲悪ならぬ、シニカルな物語が◎、藤子不二雄Aにアクションもちこみな
 印象。リピート手法はそのまま、リズムの高まり増し。光と影、白と彩りの美術、
 衣装。善悪の対立を抽象的もダイナミックに映してかっこいい。

[月間一覧