[前頁] [ホーム] [一覧]

 M&Oplaysプロデュース「いのち知らず」

 @下北沢 本多劇場(2021/10/22-11/14 24ステージ)
 全指定 一般7500円 U-25チケット 5500円
  @仙台 電力ホール 11/18
  @大坂 梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ 11/20-21
  @島根 島根県民会館 大ホール 11/23
  @山口 山口市民会館 大ホール 11/25
  @熊本 熊本県立劇場 演劇ホール 11/28
  @広島 JMSアステールプラザ 大ホール 11/30
  @名古屋 日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール 12/4-5

 作・演出:岩松了 照明:沢田祐二 美術:中根聡子 音響:高塩顕
 衣裳:伊賀大介 ヘアメイク:大和田一美(APREA) 演出助手:松倉良子
 舞台監督:田中直明 制作:近藤南美 宣伝美術:坂本志保
 プロデューサー:大矢亜由美 主催・製作:(株)M&Oplays
 出演:
 勝地涼 :ロク(施設警備員)
 仲野太賀:シド(施設警備員)
 新名基浩:トンビ(兄を探す)
 岩松了 :安西(ロクとシドらの上司)
 光石研[鈍牛倶楽部]:モオリ(ベテラン警備員)

 2021/10/26(火)晴 7:03-8:06PM(2'02)前方下手 客席7割?(250?人)
 客層:20-30才代女性とベテラン。
 客入れ:感染対策。検温、手指消毒、セルフもぎり。当日パンフ A4。
 物販。パンフ A5 1000円。カーテンコール2回。出口誘導あり。

 岩松了新作。
 舞台。殺風景なコンクリ倉庫然。高い天井、中央にドアと小さな窓を覆う木立。
 脇の裸階段から2F、柵内に段ボールら。1Fは宿舎スペース、上手シド、下手ロクの
 ベッドと棚、机。壁はなく、中央に共用テーブル。中程上手台所、下手トイレ設定。
 お話。とある施設の警備員達、よく喋るベテランは施設の真相「死者の蘇生研究」を
 妄想、若手2人の関係性にも踏み込んであれこれと絡み。人がいい若手は耳を傾けるも
 取り合わずのかまえだったのだが。

 いろいろと解釈、想像できる演劇ならでわの面白さ横溢。ベテラン・モオリはまるで
 闇落ちしたSNS。次第募る強迫観念、踏み外しら負の方向へ向かい、伝染(拡散)
 させる。言葉だけなのに感情や衝動に支配されていく。鶴亀鶴亀。死者の蘇生とは
 この劇そのものかという、ロクとシドの恐るべき子供たち時代の夢想ゲームが重なり
 青春残酷物語へと転がって。岩松了さんって唐十郎の系譜?!かという終盤。などと
 取り留めなく想いながら観るねこ。ドア開けと風木立のざわざわ胸騒ぎ演出が
 堪らない。あと岩松了作品おなじみの階段演出では、半身だけみせるとか、
 嫌らしくて素敵。役者達は岩松了台詞と世界に染まって好演。岩松了さんのラフな
 おじさんぶりがオアシス。

[月間一覧