[前頁] [ホーム] [一覧]

 青年団リンク キュイ「TTTTT」

 @小竹向原 アトリエ春風舎(2017/05/04-14 14ステージ)
 全自由(整理番号付き) 予約・当日ともに 前半割2500円 一般3000円
 高校生以下1500円

 劇作・企画プロデュース:綾門優季[キュイ]
 演出:「人柱が炎上」下田彦太[青年団]
 「景観の邪魔」橋本清[ブルーノプロデュース]
 「非公式な恋人」鳥山フキ[ワワフラミンゴ]

 照明:井坂浩[青年団] 音響:櫻内憧海[無隣館/お布団] 音楽:涌井智仁
 映像:得地弘基[お布団/東京デスロック] 舞台監督:野島結
 ドラマターグ[「人柱が炎上」]:森麻奈美 衣装:原田つむぎ[東京デスロック]
 フライヤーデザイン:浦上悠平 制作:有上麻衣[青年団]
 企画制作:キュイ/(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場
 主催:(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場
 助成:平成28年度文化庁劇場・音楽堂等活性化事業
 出演:
 「人柱が炎上」33分
 鶴田理紗[白昼夢]:光太郎、瀬戸、警官ほか
 
  「景観の邪魔」41分
 串尾一輝[青年団]:吾郎、湯沢、主婦ほか
 坂倉花奈[青年団]:朝子、杉沢、主婦ほか
 李そじん[青年団/東京デスロック]:美華、小沢、主婦、滝口ほか

  「非公式な恋人」39分
 柳沢茂樹:藤井
 多賀麻美[青年団]:亜沙ほか
 原口茜[ワワフラミンゴ]:光ほか
 黒木絵美花[青年団]:ルルほか
 北村恵[ワワフラミンゴ]:蘭ほか

 2017/05/06(土)晴 7:30-9:24PM(1'54)最前方 客席満員(35人?)
 客層:20-30才代中心、時々中年層。男女半々。
 客入れ:15分前開場、10人ほど。ミニ椅子1、雛壇に椅子4列。折り込みチラシ
 それなり。パンフ A4 3ページ 物販なし。定時開演するので遅刻注意。
 カーテンコール1回。

 3作品×3演出家のオムニバス。
 舞台。椅子使い。1作目では組み上げてバリケードら見立て。
 お話。「人柱が炎上」女性モノローグ。反戦デモ中起こったテロ事件。巡る周囲の
  証言と当事者の言葉。
 「景観の邪魔」2018〜2042年 東京オリンピックでいっそう失われる土地の記憶。
  大地震後は東京過疎化が進むという極端な未来絵図。23区に土着する土地神たちの
  対話とモノローグで綴り。
 「非公式な恋人」世にもまれな女性専用都市となった東京。植物人間から40年ぶりに
  目覚めた男は実家に帰ることを願うが、東京へ立ち入ることさえ叶わず。あるNPO
  団体へ駆け込むが。

  SF仕立てで今日問題提示な脚本を演出、役者芝居のとりどりで面白がるねこ。
 「人柱が炎上」。シーンごとに照明、音響、装置組み変え。小粒もぴり辛い、
  時に刺さる言葉とも広く〜深く考えさせられ。饒舌な語り口も感情を抑え、
  言葉を良く伝えようとしたモノローグに好感。
 
 「景観の邪魔」土地神が語る、議論しあうという奇想。リアルな未来絵図、土地の
  再発見という奇抜だけではない現実の問題提起がベース。呪いじゃないけど
  引っ越した男性をみなう不幸のエピソードなどあるあるな共感とも。
  砕けた口調で十人十色な神様らしくない神も親しめて面白く、折々の含蓄とも
  楽しむねこ。

 「非公式な恋人」植物人間で生殖機能を無くし、永遠の童貞になった悲運の男性が
  さらに虐げられるという、情けない滑稽さ。安全を手にして女性たちだが、
  暴力の恐怖の影は拭いきれないと辛辣。時にのんきで浮き世離れした言動に
  笑いつ、うーんと唸るねこ。原作追記の内輪トークには笑い。

[月間一覧