[前頁] [ホーム] [一覧] [次頁]

 勅使川原三郎/KARAS アップデイトダンスNo.31「静か」無音のダンス

 @荻窪 カラス・アパラタス/B2ホール(2016/1/28-2/4 8ステージ)
 全自由 一般 予約2500円 当日3000円 学生予約・当日共1500円

 出演:勅使川原三郎、佐東利穂子

 2016/2/2(火)晴 8:07-9:12PM(1'03)後方中央 客席ほぼ満員(30人)
 客層:20-30才代からシニア層まで。男女半々。
 客入れ:待合室に20人待ち。雛壇に4列。折り込みチラシ数枚。
 カーテンコール3回2分。終演後、トーク11分。

 構成。終始、音楽、音響レス。佐藤、ほどけるようにS字ぶり。背後の勅使河原、
  両手を前にわずかに操っているかのように、シンクロ。しだい明るく。腰だめに
  重心低く、また戻り。手振りを重ねて。
 ・佐藤、後方壁に向かう。片手を延べる。勅使河原、青を上げて。両手をU、Mと
  それぞれ逆に広げる。壁に張り付くよう。
 ・また明るく。佐藤、超スロー、陶酔、とろけるように。
 ・逆光にシルエット。勅使河原は手を延べ。二人ポーズ。重心低く、延び上げって
  二人ユニゾン。再び逆光の中、ポーズ。明るく、また逆行。
 ・包むようなアンバーの明かり。佐藤は後方で影。勅使河原、手の指を開き、
  手の仕草。
 ・中程の佐藤に明かり、前側の勅使河原はシルエットに。佐藤、明かりのもと
  くねくねし。勅使河原、手を明かりにかざす。佐藤は明かりのもと上下動。
 ・佐藤は前面、勅使河原は後方へ。
 ・二人大きく、くねり。重なり。とりどりに、また重なることを繰り返し。

 親密もスリリングなデュオダンス。それぞれと重なるフォルムと動き、一層濃密な
 空間が堪らない。サイレントなるが故に、観るものの内に沸き上がるものも一層。
 それは音楽か情景か心情かとりどりだろうけど。シンプルながら味わい深い照明も
 一助となり。遠くない第二弾の上演を楽しみしたいねこ。

 トーク 9:12-9:23PM(11) 
 勅使河原 初日は佐藤、二日目は私、翌日から二人で。試みる、とは真剣勝負。
  発展的に考えたい。
 佐藤 話すことも踊ることも素直でいたいと。その時しか感じないこと、毎日違う
  無音を感じている。何かが動き始める体験をしている。
 勅使河原 体を丁寧に。特別という時の感じ方。当たり前の中の特別なものは
  何か感じるための稽古をする(わかりますか?)。沈黙は逆にいろいろな音が
  聞こえるかも。無音の豊かさ。当たり前の尺度を取り去ったとき、体の中に
  動きがよくみえる。観客には無音をつくってくれる力がある。

[月間一覧