[前頁] [ホーム] [一覧] [次頁]

 勅使川原三郎/KARAS 新作連続公演「シナモン 言葉の破片による動体彫刻」

 @両国 シアターX(2016/04/28-05/01 4ステージ)
 http://www.theaterx.jp/index.php
 全自由 前売3500円 当日4000円 学生・シニア(65歳以上)2000円

 ブルーノ・シュルツ作の第一短編集「肉桂色の店」より
 構成・演出・照明・美術・衣装・選曲:勅使川原三郎 演出助手:佐東利穂子
 照明技術;清水裕樹(ハロ) 音響技術:三森啓弘(サウンドマン)
 舞台技術:西村竜也(シアターX) 主催:有隈会社ガラス
 特別提携:シアターX 企画制作:KARAS
 出演・朗読:佐東利穂子
 出演:鰐川枝里

 2016/04/30(土)晴 4:07ー5:09PM(60)最前方より 客席5割(50人)
 客層:大人客席。女性過半数。
 客入れ:開場時30人ほど。1番ずつ呼び出し。前方撤去し椅子6,7列。
 折り込みチラシ数枚。パンフ A4 1枚。物販。Tシャツほか。
 カーテンコール4回2分。

 ブルーノ・シュルツを取り上げるシリーズ最新。
 構成。前後に走り、揺らぐ、また壁に花のような群像を佇ませる照明。
 老いた父親の世話から離れてのあてのない娘の散歩。見知らぬ路地にいる喜びと
 不安。
 とりわけ、エモーショナルな印象の今回。父と娘、ありさまと心理を演劇/ダンス
 で良くあらわし。絶え間なく緩急を繰り返し、揺れる心理に呼応。行方定めない父親
 ・勅使河原を見つめる娘・佐藤さんの目線演技も上々。しかし小芝居で停滞の罠に
 墜ちることはない、めざましく(和らぎも含めて)刺激的な動きに魅了されるねこ。
 風雨のようにマッハで過ぎる、時に澱のように動かないものになる鰐川さん使いが
 ユニーク。

[月間一覧