[前頁] [ホーム] [一覧] [次頁] 

  勅使川原三郎/KARAS アップデイトダンスNo.38「牧神の午後」

 @荻窪 KARAS APPARATUS(2016/08/10-18 8ステージ)
 全自由 一般予約2500円 当日3000円 学生1500円

 振付:勅使川原三郎
 出演:勅使川原三郎、佐東利穂子

 2016/08/15(月)曇 8:10-8:59PM(48)後方中央 客席ほぼ満員(35人)
 客層:大人客席、20才代まじり。女性7割。
 客入れ:椅子4列。開場時20人。折り込みチラシ数枚。パンフなし。
 カーテンコール3回1分。終演後トーク10分。

 舞台。舞台前方に紗幕が張られ。
 構成。・紗幕越しにドーナツ型の明かり。白ドレスのニンフ・佐藤。後方壁際に
 寝そべって、上半身を起こし客席を見つめ。
 ・薄暗がり。黒衣の半獣神・勅使河原。直立、泳ぐように手振りと全身、頭を
 鳥のように突然動かし。暗転を繰り返しながら場所移動。仰向けで震え。
 ・佐藤。寝そべり。起立、頭を下に向け、両手を泳がせ。大きく周り。
 ・デュオ。黒と白の衣装。しだい大きく、やがて早間の動き。勅使河原は頻繁に
 動物めいた突変する動きまじり。頭を向かい合わせ、臥す2人。佐藤の全身を嗅ぐ
 ように近接する勅使河原。

 陶然として眺める、妖精と半獣神の戯れ。香りのような佐東利穂子、人間離れした
 奇態な動き勅使川原三郎。ずっと見ていたかったねこ。

 トーク
 勅使川原 100年前ニジンスキーが初演。10分あまりの曲。ほか、夜想曲「雲」、
 ?の変奏曲で構成した。ドビュッシーは手が届かない、見られないものを音楽に
 した芸術家。沸き上がるような曲あるいは匂いを強く。人間がいないが、感化される
 のは人間。
 佐藤 どこかに迷い込む、そこで音楽と出会って出口を探すことは無く。音楽の色、
 実際はないものを強く感じて、不思議な時間を過ごして、過ごすだけで無く、全身で
 感じる踊りを。
 勅使川原 腐っていくときの匂い、自分を取り戻すとき、死別したものを感じる。

[月間一覧