[前頁] [ホーム] [一覧] [次頁]

 勅使川原三郎/KARAS アップデイトダンスNo.37「夜」

 @荻窪 KARAS APPARATUS(2016/07/20-28 8ステージ)
 全自由 一般予約2500円 当日3000円 学生1500円

 振付:勅使川原三郎
 出演:勅使川原三郎、佐東利穂子

 2016/07/26(火)雨 8:14-9:16PM(60)後方中央 客席満員(35人)
 客層:大人客席、20才代、海外の方まじり。女性7割。
 客入れ:椅子4列。開場時20,30人。折り込みチラシ数枚。パンフなし。
 カーテンコール3回2分。終演後トーク10分。

 原作等ベースなしの作品とか。
 構成。・完全暗転。正面、遠景の淡いが浮かぶ。スリット状の明かり。
 ・しだいほどける佐藤。後方に引かれるように屈託、歪みながら動き続け。
  傍ら、脇には黒衣の勅使川原が佇み。テープ逆転のよな音響。
 ・終盤。大きく周りながらのデュオ。繰り返し。勅使川原震え。離れていく2人。
  溶暗。

 空気のダンスとは違う、佐東利穂子の歪みぷりと力強さを堪能。得体の知られない
 ムードの勅使川原三郎。見えないのに存分な存在感。

 トーク
 勅使川原 3年前に創造の場として始めた。今回はベースとなるものはない。
  とらえ所の無い夜、観念の夜ではない、言葉にはされていない夜もあるの
  だろうと。身体で考えた夜を。
 佐藤 完成した「夜」はなく、変わり続けて居る。共有の出来ない夜。
  毎日夜を感じて舞台に立ちたい。
 勅使川原 問いかけることとしてのダンス。振り返るのではなく、先へと。

[月間一覧