[前頁] [ホーム] [一覧] [次頁]

 勅使川原三郎/KARA アップデイトダンスNo.40「SHE」

 @荻窪 カラス・アパラタス/B2ホール(2016/10/17-26 8ステージ)21,22休演
 全自由 一般 予約2500円 当日3000円 学生1500円

 振付:勅使川原三郎
 出演:佐東利穂子 

 2016/10/17(月)曇 8:12-9:07PM(53)奥側後方 客席ほぼ満員(25人)
 客層:大人より。男性過半数。
 客入れ:開場時20人程。雛壇に座椅子3列。折り込みチラシ数枚。
 カーテンコール4回2分。終演後トーク16分、後勅使河原さんが遠慮がちに参加。

 2009年@川崎市アートセンター初演。熱い拍手が沸いたあのソロのアトリエ再演。
 構成。
 ・広野に佐藤さんがムーディなロケ映像。
 ・牧神の午後。ぷいっと止めてはゴリゴリ高速道攻め。逆光にくねくねし、
  ステップはマッハ。雨音の中泳ぐ。光の中立つ。
 ・ヴァイオリンソナタ。時折麻痺動作。
 ・メカ音とともに。黒いジャケットをまとい。ピアノ協奏曲。マッハで猛る。

 溜めなくノンストプで繰り出される純ダンスざんまいの夜。多彩で美しく。
 刺激的な音楽、シンプルも玄妙な照明とも、堪能するねこ。

 トーク 8:08ー9:24PM(16)みな居残り

 佐藤 初演の時は勅使河原さんのように踊りたいと。まねしてもできない身体。
  意志からのもので自分の身体と向き合わないとと。放り出された恐ろしさを
  感じた。日々、今の私は?と問われる、違う私と出会う作品。音楽と一対一
  付かず離れず。言い切って終わりにはできないダンス。

 勅使河原 佐藤との出会い。恐れを知っている人。生き延びるために必要なものに
  自分を投影する。不確かさ、弱々しさが力になる、それが世界をつくる。
  ワークショップから10年経った2009年にソロ。静かに戦っている、証としての
  15年のダンス。

[月間一覧