[前頁] [ホーム] [一覧]

 東京ELECTROCK STAIRS「いつかモンゴリと眠る」

 @駒場東大前 こまばアゴラ劇場(2017/02/15-22 9ステージ)
 http://www.komaba-agora.com/
 全自由 前売 一般3000円 学生2500円 当日3500円(一般・学生共に)
 リピーター1000円

 振付・音楽:KENTARO!! 照明・美術協力:関口裕二(balance,inc.DESIGN)
 音響:泉田雄太 舞台監督:熊木進 宣伝美術:横山彰乃(東京ELECTROCK STAIRS)
 宣伝映像:モッチャム WEB:Side mountain 制作:瀧本麻璃英 Crackersboat
 協賛:TOYOTA創造空間プロジェクト 主催:(一社)KENTAROCKERS
 助成:芸術文化振興基金 提携:(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場
 出演
 横山彰乃
 高橋萌登
 KENTARO!!

 2017/02/21(火)晴 7:37-8:50PM(1'13)上手中段 客席満員(50人)
 客層:20-30才代とおじさん。女性過半数。
 客入れ:通常舞台面まで拡げ、長辺に客席3列設置。折り込みチラシそれなり。
 パンフ 大判ハガキサイズ。物販。サントラ他。カーテンコール1回。

 舞台。二面壁にスモークパネル、中空で布を張って一部照明。上手壁際にボックス
 オブジェ。近未来に攻め基調で洗練。
 構成。抑制が効いたロボぶり、床ダンス、三つどもえ、1対2で関係性。
 そのステップからの、高橋が回る中心で、離れてバトル。高橋と横山対面、
 KENTARO!!を中にサンドイッチあるいは電車。
 高橋 一人プロレス〜止めるのも聞かず歌う。ブラボー。辛いとKENTARO!!、
 KENTARO!!がなお辛い。発話してポーズ。まるでマジック。
 ・KENTARO!! 一人。
 ・放射光、水玉。トリオ。屈託ポージング。倦怠、下りよっか。怖い顔。
 ・ガンガン2人+1人。高橋ソロ。ラストはガンガントリオで。

 ぽきん金太郎飴と徹頭徹尾TES。多色も濃密、発話や感情交感が妨げとならない
 ダンス三昧。超絶、高機動ながらユーモアとキュート持ち込み。小動物に叫んで
 プリチーでやんちゃな高橋。また脱皮して一段感な横山。もはや別領域なKENTARO!!。

[月間一覧