[前頁] [ホーム] [一覧] [次頁]

 勅使川原三郎/ KARAS アップデイトダンスNo.45「硝子の月」

 @荻窪 カラス・アパラタス B2ホール(2017/05/05-13 8ステージ)
 全自由 一般 予約2500円 当日3000円 学生1500円

 演出・照明:勅使川原三郎
 出演:勅使川原三郎、佐東利穂子

 2017/05/12(金)晴 8:10-9:10PM(58)後方中央 客席満員(40人)
 客層:20-30才代〜中年層。男女半々。
 客入れ:開場時30人ほど。折り込みチラシ少々。パンフなし。物販。勅使川原三郎
 パッケージデザイン、佐東利穂手作り飴 小500円、大1500円。
 カーテンコール4回2分。終演後トーク11分。

 舞台。前後3か所に丸く月のイメージ。中央が三日月。手前は大きくガラス片が
 敷き詰められ。
 構成。佇みほぐれて漂う佐藤、影のように勅使川原。横座り、雷鳴。
 ガラス片を手に取り落とす。ピアノはやがてストリングス、メカ音が混入。
 しだいノンコントルール。再び漂い、シルエットを見せ、高速化。背後に勅使川原。
 デュオ、緩急の動き。勅使川原ソロ、鋭角な動き。テキスト・高野聖朗読流れ。
 そろりと動き。ガラスを覗き込み。明滅、屈託した動きのデュオ。高速化。周回。
 上目遣い。月の湖面に投げ入れる体。

 月下の見知らぬ神々しい二つの存在。その美しい鉱物のような質感に陶酔。
 時折差し入れられる猛々しさがまた鮮烈。

 トーク。勅使川原 ガラスで月を摸したセット。最小限にして来たが、
  今回はガラスを使いたいと。ガラスとの付き合いは長いこと。即興ではなく、
  同じ事をしても新しく生きる。
 佐藤 毎回感じることの違いが鮮明になる。ガラスという沢山の共演者が加わり、
  決まっていない何かと出会う喜び。その向こうには観客が息を潜めている気配を
  より感じる。
 勅使川原 立ち会ってくれている観客のみなさんの力とともにつくっている実感が
  ある。共同作業。次の公演、静かのこと。

[月間一覧