[前頁] [ホーム] [一覧] [次頁]

 勅使川原三郎/KARAS アップデイトダンスNo.46「ペトルーシュカ」

 @荻窪 カラス・アパラタス B2ホール(2017/06/15-23 8ステージ)
 全自由 一般 予約2500円 当日3000円 学生1500円

 演出・照明:勅使川原三郎
 出演:勅使川原三郎、佐東利穂子

 2017/06/23(金)晴 8:14-9:12PM(56)後方中央 客席満員(55人)
 客層:20-30才代〜中年層。女性過半数。
 客入れ:開場時40人ほど。待合ロビーは一杯。折り込みチラシ少々。パンフなし。
 物販未確認。カーテンコール2回2分。終演後トーク13分。

 構成。
 ・喧噪、ラジオ、鈴の音。スポット、横切る勅使河原。せわしなく広く動く影。
 ・クラシック♪。淡く青い一面。麻痺動作をいれて、人ならぬ動き。赤、青の2色に
  分け。明滅する明かりの中、次第歪む体。
 ・滑るような足裁き、ポージング。恐れているかのような表情。
 ・ピアノ音楽。横向きに足裁き、回転。明滅する明かり。仰ぎみる。
 ・太鼓音。上手の壁にぶちあたり。佐藤、コケティッシュにポージング。
  離れて見入る勅使河原。もじもじ。口をぱっかりとあけて。
 ・赤と青の明かり。時短だを踏む。静止。喧噪音。

 人形な人ならぬ形と壊れる様をみせ、鬼気迫り。滑稽味も併せて重ねる不思議。
 物語は明確になし、2人の有様が悲恋を勝手妄想させて興味深いところ。

 トーク
 勅使川原 8日間変化してきた。気づきがあると都度最良を。人形という形を
 模索して。やりつづける、あるいは壊す傲慢さ。それを人形自身が気づいたら
 もっと複雑。人の闇の中に何かあれば。絶望だけではない、とすれば壊すことも
 悪いことではない。
 佐藤 単純と思っていたことも紙一重ではないか。生きている身体をもって気づく。
 観客も何かをもってきてくれていると思う。勅使河原 人形をつくることで
 許してもらいたい思い故に形を模す。解釈では埋められない、やりとりを
 成立させたい。観客のエネルギーが作品を実現させ、成立させている、
 こっちに来ればいいのにと思う。

[月間一覧