[前頁] [ホーム] [一覧] [次頁]

 勅使川原三郎/KARAS アップデイトダンスNo.49「顔」

 @荻窪 カラス・アパラタス/B2ホール(2017/11/18-26 8ステージ)
 全自由 一般 予約3000円 当日3500円 学生2000円

 演出・照明:勅使川原三郎
 出演:佐東利穂子

 2017/11/20(月)曇 8:08-9:11PM(59)後方中央 客席満員(40人)
 客層:20-30才代〜中年層。女性8割。
 客入れ:開場時25人。折り込みチラシ少々。パンフなし。物販なし。
 カーテンコール2回2分。終演後トーク20分。いつもより長め。

 7月以来のシリーズ最新、佐東利穂子ソロダンス。
 構成。茫洋とした明かりの中歩む佐藤と影。テキスト音声、ガルシア=マルケス
 「イサベルの独白マコンドに降る雨を眺めなから」と、ソロダンス「ハリー」から
 惑星ソラリス中、亡きハリーのモノローグ。これに装着したヘッドセットマイクから
 の呟きがライブで重なり。腕を横に伸ばし、うねるように回転ら。心象を映す
 ように床照明と影が大小していく。

 声の表現手段を取り入れて、新たな作品に挑み。重なり合う多声と濃密な香りの
 ようなダンスが夢のようで、眼前というか、壺中に飛び込んでしまったように
 おぼれていく。堪らないねこ。

 トーク 〜9:31PM みな居残り
 勅使川原三郎、佐東利穂子
 勅使川原 表と内面、見えないのも顔。ライブで話す、声も一つの表現の軸。
  テキストについて。世阿彌の「岩場に花」に共感。
 佐藤 マイクで増幅されること。周りを見ること。

[月間一覧