[前頁] [ホーム] [一覧] [次頁]

 勅使川原三郎/KARAS「イリュミナシオンーランボーの瞬きー」

 @両国 シアターX(2017/12/05-10 5ステージ)
 http://www.theaterx.jp/
 全自由(整理番号付)一般 前売4000円、当日4,500円
 学生・シニア(65歳以上):2,500円 

 構成・振付・照明・美術・衣装・音楽構成: 勅使川原三郎 演出助手:佐東利穂子
 照明技術: 清水裕樹(ハロ) 音響技術: 三森啓弘(サウンドマン)
 特別提携:シアターX 企画制作:KARAS 主催:有限会社カラス
 助成:文化芸術振興費助成金(舞台芸術創造活動活性化事業)
 出演:佐東利穂子、勅使川原三郎

 2017/12/07(木)晴 7:35-8:39PM(64) 前方中央 客席8割(100?人)
 客層:大人中心に幅広く。男女半々。
 客入れ:開場時40人ほど。折り込みチラシそれなり。パンフ A4。凝った文字配置
 物販未確認。カーテンコール3回2分。

 7月のアトリエ公演作再演。
 舞台。後方にグレーの板塀装置、前後に山谷と連なり。
 構成。ストリングスに歪んだギターロック音。傀儡または影のような勅使川原の
 佇まいと所作。遠く見る佐藤。
 駆られたように自発し続ける勅使川原。芸術家の脳内はかくやの熱狂、傍目に
 混とん。対して後ろ向きながら醒めた佐藤の視線の妙。不穏な照明、音楽が
 スパイシー。

[月間一覧