[前頁] [ホーム] [一覧]

 勅使川原三郎/KARAS アップデイトダンスNo.67「音楽の捧げもの」

 @荻窪 カラス・アパラタス(2020/01/10-18 8ステージ)
 全自由 一般 予約 3000円 当日3500円 学生2000円

 演出・照明:勅使川原三郎
 出演:勅使川原三郎 佐東利穂子

 2020/01/10(金)晴8:12-9:12PM(60)後方下手 客席ほぼ満員(30人)
 客層:大人客席、男女半々。
 客入れ:開場時20人ほど。雛壇に座椅子4列、ゆったり配置。折り込みパンフなし、
 チラシ少々。カーテンコール3回2分。
 終演後トーク 9:14-9:22PM バッハのほかの曲と趣が違う、王様に捧げられたとの
 いわれもして皮肉な一面も。しかし、神々しさと瑞々しさがある。年明けからの
 世界の荒波、雲行きを楽しみながら。
 佐藤 日本語のタイトルの方が音楽にあっていると思う。
 勅使河原 古典を読むと、生き死のことなど、フォーカスが合うことがある。
 今年も飛べるようになるくらいに全力で。

 構成。スカルラティ アリア♪。淡い光のドア然とした照明の中、シルエットや影を
 おって立ち。一人、両壁際で向かい合いなど、ポージング。
 バッハ♪。両手を交えて振り、緩急、剛柔つけ。ソリッドな勅使河原に次いで、
 たなびくように大らかな佐藤。二人で一部ユニゾン、概ねカノン。加速。
 終盤、再びアリア。二人でポージング、暗転を繰り返す。時にコミカル。
 
 ポージングや連れてのダンスが新鮮。演劇的な面白さと、純ダンスの音楽的な
 楽しさ、わくわく感が共にあり。充足感ある1時間なり。

[月間一覧