[前頁] [ホーム] [一覧]

 DULL-COLORED POP vol.xx「TOKYO LIVING MONOLOGUES」

 @新御茶ノ水 STUDIO MATATU SHIN-OCHANOMIZU(2021/11/10-28 ステージ)
 全自由 前売り・一般3000円 学生2000円 当日500円増し
 配信 一般2000円 通し券3000円

 作・演出:谷賢一 配信監督:高畑 陸(シル/CHARA DE)、恵比寿亮(MATATU)
 舞台監督:竹井祐樹(StageDoctor Co.Ltd.) 照明:松本大介 美術:土岐研一
 音響:佐藤こうじ(Sugar Sound) 音楽:岡田太郎(悪い芝居) 衣装:及川千春
 映像ディレクション:松澤延拓 宣伝ビジュアルデザイン:内田倭史
 制作:合同会社DULL-COLORED POP、利藤早紀、小野塚央
 文化庁「ARTS for the future!」補助対象事業
 出演(ダブルキャスト):
 大原研二(東谷英人) :正(@本だらけの部屋)
 ホリユウキ(宮地洸成):恒(@女装部屋)
 湯舟すぴか(佐藤千夏):麗(@ゴミ屋敷)
 倉橋愛実(大内彩加) :唯(@配信部屋)

 劇中歌ボーカル:深沢未来 声の出演:阿久津京介

 2021/11/23(火祝)晴 2:00-3:24PM(1'24)奥側より 客席ほぼ満員(22人)
 客層:20-30才代中心。男女半々。
 客入れ:地上で待ち、7,8人列。感染対策。検温、手指消毒。お面、マスカレードを
 つけるよう手渡され。靴を脱いで入場。正方空間、四隅に「部屋」。客席は壁際対面
 各丸椅子と背もたれ付きの2列と、中央の車座桟敷。同時配信のZOOM画像と、ASMR
 音のチェックをして待機。当日パンフ A4両面。物販。パンフと上演台本。
 カーテンコール1回。

 舞台。四部屋、時計回りで1時〜5時に正と恒のとなり部屋、7時〜11時の麗と唯は
 離れてる設定。
 お話。ブラック企業勤務、セックスワーカー、親の介護、陰謀妄想に取り憑かれ…。
 虐げられてるけど、普通に日常を過ごす若者達。バラバラだった彼らがいつしか。

 今の若い人達は大変、谷作品でいつも思うことを思うねこ。辛い現実から悪夢を経て
 変化を希求する展開。トンデモ、荒唐無稽な動機だけど、観客と共有できる不安や
 恐怖、怒りには血で書かれた切実さ、偽りがない強さがあって感じ入るねこ。
 演出巧い。バラバラなんだけど、行為や心理のシンクロニシティが配され、見えず
 とも繋がっていくとか。生食、セクシャルな言動ら、生々しさへのこだわり、工夫で
 キャラを立体化してるとか。美術のこだわり、詰め込みが凄い、終演後見学可能。
 役者さん達は奮闘、そこら素直に感じられて楽しいところ。ZOOM配信は、そこで
 演じてても、覗き見感覚になるのが面白し。スマホだと画面小さいのが難だけど。

[月間一覧