[前頁] [ホーム] [一覧]

 天使館 平山素子×笠井叡J.S.バッハ作曲「フーガの技法」を踊る

 @国分寺 天使館(2022/05/28,28,06/05,07 4ステージ)
 全自由 前売一般3500円 学生2500円 当日券+500円

 音源:自筆譜による初期稿 ピアノ演奏・高橋悠治(1986年) 構成・振付:笠井叡 
 舞台監督:笠井裕子 照明・音響:笠井瑞丈 宣伝写真:大洞博靖 宣伝美術:NU
 制作協力:alfalfa 主催・企画制作:笠井瑞丈×上村なおか
 助成:芸術文化振興基金
 1.2.6.9番 初演:エリア50代 / Dance Dance Dance @ YOKOHAMA 2021
 出演: 平山素子、笠井叡

 2022/06/07(火)小雨 7:12-8:18PM(66)正面前方 客席満員(35人)
 客層:3世代、学生〜ベテランまで。ダンサー率高。女性8割。
 客入れ:早めに開場、5,6人ほど。いつものよう靴袋にいれて入場。三方囲み、
 桟敷1パイプ椅子1列。立見は空き桟敷に変更。当日パンフ A5 4ページ。
 カーテンコール1回、ご近所配慮で拍手はエア願い。
 
 2021年9月エリア50代にて、笠井叡振付 平山素子のソロで上演された作品(未見)。
 デュオ版にて今回上演。
 会場。客席内と正面壁際に椅子各1、待機やポージングに使用。
 バッハ楽曲、ノンストップ。ソロとデュオ、進行につれ、叡さん、やっほー!と
 躍動、発話・地球よ壊れよ、俺の身体も…等。コンタクトの密度高まったり。
 二人の関係性、女神崇拝の体が現れたり。最終曲で高揚、暗転。叡さんのリクエスト
 で18番♪、観客(10人ほど)を舞台面にあがってもらいダンス祭模様。時代を感じるね
 (素子さん)の一言に笑い、拍手し合い仕舞い。

 修行僧と破戒坊主、または女神と崇拝者か。粛粛とストイックに刻み、躍動する
 肉体美で魅了する素子さんと、遊び癖が物語り癖が抜けない挑戦者叡さん。
 バッハの静謐でミステリアスな森を、タイプが違う二人が二重螺旋を描きながら、
 混線コンタクトもありで高みを目指して駆け昇った印象。とても楽しく、ダンス
 充足度かなり高し。

[月間一覧