[前頁] [ホーム] [一覧]

 康本雅子ダンス公演「子ら子ら」

 @福島 白河文化交流館コミネス小ホール(2021/01/30 1ステージ)
 全自由 一般1000円(友の会900円)子ども(高校生以下)500円
 セット券(一般+子ども)1300円

 振付・演出:康本雅子
 主催:白河文化交流館コミネス指定管理者 NPO法人カルチャーネットワーク
 共催:一般社団法人地域創造
 出演:康本雅子、小倉笑

 2021/01/30(土)小雪 2:00-2:56PM(55)最前列より 客席5割(50人)
 客層:子供連れ2割、あと2世代、女性7割。
 客入れ:開場時数人。感染対策。検温、手指消毒、C列最前、横1席空け。
 高低差がある観やすいホールなり。折り込みパンフ B5 1枚に挨拶文。
 カーテンコール1回。

 2017年初演、翌年大改訂、今回20分近く短縮したコンパクト版で再々?演。
 舞台。上手に長机、ライオン縫いぐるみ。下手にピアノ。
 構成。・ノコギリ?ブレス?の規則音。仰向けの小倉、後ろ向き、手振りで小倉を
 左右にゆらす康本。種々ポージング。
 ・横転がり、組んで種々ポーズ。シンクロ。スーハーブレス。
 ・矩形の場。対角で立つ。走り回りながら、ポーズ、ガンガンダンス。
 ・正面中央、小倉の背後から康本、2人羽織、シンクロ。
 ・バレエぶり、私こんなことできる>ママ康本すごいねと褒め。しだい反応薄く。
  私こんなことできない>すごいね。子小倉、ママ康本を足蹴にする。子小倉、
  金切り声を上げる。ママ康本、疲弊しながら離反。
 ・長机、パイプ椅子で対面座り。息子の発作が止まらないんですよ、ママ康本を
  オウム返しする小倉。やがて違えてバトル模様。テーブルをバシバシ叩き合い。
 ・子小倉突っ伏す、ママ康本、ピアノ曲でソロダンス。
 ・ハンドマイクでママ康本、子供が目を覚まさないでと思った人、手を上げてと
  客席へ。続々、子育てでのママ地獄へ挙手伺い。麻痺動作、マシンガントーク。
  誰も手を上げなかったのは初めてです!(心で上げていたのね)
 ・吸って吐いてとマイクで子小倉を追う、ママ康本。もっともっとと走り回る。
 ・何してる、ネットエロかと子へ苦言、欲望に乗っ取られるぞ。
 ・矩形の回りで、ほうき掛けしながら、しりとり。
 ・抱っこして幸せ(リフレイン)、面倒、疲弊するママ康本。
 ・ピアノ弾く子小倉。わたしは砂のなかに愛のかたみをみんなうずめて泣いたの〜
  「砂に消えた涙」♪、デュエット。
 ・身をかがめて寝る康本、上からぎゅっと抱きしめて寝る小倉。

 赤裸々で痛い、ママまでなくとも刺さる。育児地獄を変化に富み、いずれも緊密な
 シークエンスで現していく。パフォーマンスとして見もの聞きものぞろいで、
 痛くても好きが連続。ぎゅっとコンパクトしたのもイイし。ハードコアなダンスを
 みる満足感は以前高いし。終演後トークは2日前のワークショップ参加の親子も
 加わり、アットホームに。気持ちいい公演となり。

 アフタートーク
 康本雅子、小倉笑 聞き手:宮田慶子(コミネス館長)

 康本(再演での変化)初演(2017)は京都、ライブハウスのような小さいところ
 (UrBANGUILD)大きさからダンスも限られたものだったが、会場が広くなった横浜
  (2018)の再演では80%変えた。今回はそれをコンパクトに。コアの部分、流れは
  初演から変えていないが、今回はいままで一番完成した形になった。
 (小倉さんは最初から?。腹に応える声)存在感があって、只者ではない。
  シンガーなので、私がダンサーでバランスがいい。コミネスの紹介で「俳優」と
  あって、俳優!?と。年齢差22で、親子で十分あり得るが、若いのか、老婆なのか
  わからない。

 小倉 (康本 できないことはできないが)できることはなんでもトライしてやる。
 (声が潰れないか心配になるほどだが)(康本 とんでもなかった)
 小倉 腹は痛くなるが、咽は別に(平気)。
 康本(音から触発されて?)私はそうですな。小倉さんはオペラで歌うのは知って
  いたが、ノイズ混じりの音楽でここまでやってくれるとは。声は低い方?。
 小倉 もともと低い。親が観にきたとき、子供の頃そのままやねと言われた。
 康本(生の声とだと違う?)毎回変わるので集中する、ライブ感がある。 
 
 康本(作品の作り方)構成は考えてきて、試してみて、再演でまた変えて、試行錯誤
  (二人のコミュニケーションの厚みは?)でている。
 
 小倉(子供の気持ちは)自分の子供はまだないが、康本さんの子供は知っているので
  これは上の子の感じ、下の子の感じかなと思ったり。自分の子供の頃、康本さんの
  子供の頃も、散りばめられた子供感があると思う。
  (もうお母さんにいい子してあげてほしいと思ってしまう。)
 康本(コロナでモチベーションは)ダンサーとして続けて作品をつくっているが、
  この作品は特別。そのままなので初演はキツくて、今はちょっと離れてやれる。
  子と母をやるなら掘らないと、きれい事を言っても。ただ自分のことはともかく、
  子供はね、しんどい。初演の時、夫は、俺は観れないといっていた。
 (コロナ禍でアーチストは窮屈に感じている、バランス感覚をもとうとしがちだが
  この作品をみて勇気をもらうと思う。)

 質問コーナー
 Q1 質問でなく、心の中でなんども子供に謝ったことあります、今挙手します。
 Q2 ダンスはどこから。A 広く浅く、技術的なことなど。コンテンポラリーなので
   良くも悪くも自由。稽古は即興、音楽に反応する。
 Q3 最初の繰り返し身体をゆらすのは、のこぎりですか。A 音はのこぎり。
   親子は切っても切れない関係と言われるが、それってなに?。そうでもない、
   関係があっていい。血が繋がっているって何?。切りたいときもある。
   「子だからって」とよく言われるが、ほとんど呪い。でも、切れない。

 康本 子供たちの質問はどう?、後ろにみんないるけど。
 Q4 2人で真似してるところが謎。(自分はどう思った?)鏡をみているのかなと。
   (康本 小倉 ちゃんと感じてみてくれたんだ。)
 Q5 のこぎりが恐い。
 Q6 今日一番良くできたと思ったのはどこですか。小倉 最後に抱き合うところは
   今日は熱が入っていた。康本 私も。ぎゅっとして、音が出るほどなんども。
 Q7 ママが代弁 トイレに行きたかったけど、最後まで観ると頑張った。

[月間一覧