[前頁] [ホーム] [一覧]

 神里雄大/岡崎藝術座「ニオノウミにて Happy Prince Fish」

 @横浜 STスポット(2020/01/11-19 10ステージ)
 全自由 一般3000円 25歳以下2500円 ペアチケット5500円
 18歳以下 無料(枚数限定) 当日券 前売料金+500円
  @京都 京都芸術センター 10/25-27
  @那覇 アトリエ銘苅ベース 11/8-10

 作・演出:神里雄大 美術・照明:dot architects
 舞台監督・音響:大久保歩(KWAT) 衣装:大野知英 制作統括:本郷麻衣
 公演制作:武田知也、藤井さゆり 照明アドバイザー:十河陽平
 製作・主催 岡崎藝術座 助成:芸術文化振興基金、アーツコミッション・ヨコハマ
 出演:
 浦田すみれ
 重実紗果
 嶋田好孝

 2020/01/15(水)晴 7:34-9:08PM(34/休12/48)入口より 客席満員(42人)
 客層:20-30才代男女とおじさん。男性過半数。
 客入れ:開場時15人ほど。三方囲み。手前ベンチ1椅子1列、奥側1列。折り込み
 チラシそれなり。パンフ A4 3ページ。優先席設定あり。物販。上演台本500円。
 休憩時間に開演中飲食可なフード販売。崎陽軒のシュウマイ6個、、塩おむすび、
 おやつ・小魚とアーモンド、お茶ペットのセット600円。お菓子セット、お茶は
 それぞれ100円。ぽちぽちと売れ。ちなみ京都は助六寿司、沖縄はソーキそば
 だったとか。カーテンコール1回。
 
 舞台。会場のほとんどを占める、奥に長い雛壇を三方囲み。雛壇中央に「参道」然と
 旗台ならび。後ほどテントな社をしつらえ。奥側壁に赤/黄ツートーンの幕。
 
 お話。人気のない琵琶湖畔に外国人釣り師。煩わされず食糧確保に勤しむところに
 琵琶?発見、返してと突然美女出現。漁師の祖父のこと問わず語りし、夜通しの
 誘いの言葉。何者?と訝りながら船に乗る。

 お能「竹生島」本歌取りしての現代説話。移民の流れと外来魚の身な諸事往還を、
 お能由来の神秘的なムードと折々の奇妙で描く。劇場小空間をもっと凝縮して
 密やか秘めな場所とし。移動と軋轢の皮肉で酷い題材から生臭さをとって、面白く
 スパイシーに味付けて、とても旨し。作風の変化も興味深く、時間が楽しみが
 ますます楽しみになったねこ。

[月間一覧