[前頁] [ホーム] [一覧]

 イデビアン・クルー「義務」

 @三軒茶屋 世田谷パブリックシアター(2021/03/12-14 5ステージ)
 全指定 一般前売4500円 当日+500円 高校生1500円 U24 3500円
 友の会4000円 アーツカード会員4300円
  @小倉 北九州芸術劇場 中劇場 4/9

 振付・演出:井手茂太
 音楽:原摩利彦 照明:齋藤茂男 音響:島猛 衣裳:堂本教子 美術:青木拓也
 舞台監督:横尾友広 制作:days 立川真代 制作協力:alfalfa
 宣伝美術:秋澤一彰 主催:days 提携:公益財団法人せたがや文化財団
 公演:世田谷区 助成:独立行政法人芸術文化振興基金
 公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京
 出演:斉藤美音子、依田朋子、宮下今日子、福島彩子、後藤海春、酒井幸菜、
 小山達也、中村達哉、原田悠、井手茂太

 2021/03/13(土)小雨 5:05-6:07PM(1'02)1F前方中央 客席6割?(150人?)
 客層:子供連れ〜中高年まで。男女半々。
 客入れ:感染対策。サーモ検温、手指消毒、セルフもぎり。1席空けなの?、
 よくわからず。折り込みパンフ B5 観音扉式。カーテンコール2回後規制退場。
 物販グッズはネット上にて。
 
 2年振りの新作。音楽は原摩利彦書き下ろし。
 舞台。短冊状のすだれ三方囲み。幅を狭めたり、空間限定でき。
 構成。・緞帳ちょい上げ、短冊越しに往来する足下が見え。スクラッチノイズ、
 轟音。ゆっくりと緞帳上がる。白マスク、黒衣(喪服?)の人達が往来。互いに
 伺い、突然駆け出す。正面に居ならび。行進。逃げ出して1人残される。
 当たりを伺う。水音がする。
 ・横並び、斉藤さんが外れて、戻る。誰からの動きに合わせる、他人を伺う。
 斉藤さん、邪険にされても戻る。一人ずつ、井手さんを出会う格好。
 照明、真っ赤。アップテンポ♪。黄色。行進、抜けていき斉藤さんひとり。
 ソロダンスの背景でてんでに往来。斉藤さんVS2人。ユニゾン、下半身麻痺動。
 1人倒れ、ラジオ音声でピアノ曲。2人→3人、体操めく、フリーズ(白明かり)
 ・2,3人で周囲を伺う小芝居。マスクなしでアピール。深呼吸、歌う(口パク)。
 イケメンモデル・中村さんが背後に。正面を取って代わる。両壁の短冊が狭まると、
 モーゼの十戒よろしく、開け広げる所作で戻す。中村さんの振りを真似て、
 ポージング。中村さんがガンガン踊りはじまると、諦めて1人1人と立ち去っていく。
 一目惚れで放心状態の女性ひとりと、タイミングを逃した斉藤さんが残る。
 中村さん、水切りをやるが、放心したままなので、斉藤さんがなんやねん顔。
 中村さんがゆるやかにスイングしはじまると、女性も同調。いい感じの2人をみて、
 お邪魔虫と退散する斉藤さん。中村さんのダンス指導、身体を触ると激しく拒否、
 周囲とも大騒ぎ。
 ・愉快なダンスが同時多発、決めポーズ(客席から拍手)。3人で繰り返しユニゾン
 ダンス稽古。スマホ男が正面に被って邪魔。気を取り直すが、依田さんがダウン。
 2人で稽古再開、またスマホ男が邪魔。さらに後ろで井手さんが覗いている。
 宮下さんがモデル然として向かうと、井手さんは逃げていく。通りすがりの小山さん
 をいれて3人で稽古。小山さん、ぎっくり腰。さらにふらふらの依田さんが来る。
 ・小山さんが手を叩く(だっけ)と周囲は浮かれ騒ぎに。再び起こそうと手を合わす
 がNG。手がくっついてしまう。スマホ男の後をついていく斉藤さんと中村さん。
 小山さん力んで(潮騒の音)、手が離れる。群舞に呑み込まれる。スマホ男はスマホ
 を落としてしまう。依田さん復活して3人揃う。スマホを拾おうと近寄ると、彼女達は
 痴漢かと騒ぐ。
 ・正面奥からモデル然と井手さんが歩いてくる。スマホ男のスマホを拾い上げて、
 返して上げながら、画面をタッチ(発光)。輝くミラーボール。3人の女性+井手さん
 でおしゃれダンス。客席から手拍子沸き。井手さんの機嫌を損ねてしまい、女性達は
 謝罪して許される。OK〇〇カード、OK△△カード♪とそれぞれのをタッチして
 あげる井手さん。
 ・井手さんソロダンス。背後短冊まくから現れて女性3人。小山さん加わって4人で。
 次々とやってきてソロ〜ユニゾンに加わっていく。斉藤さんを見つめる中村さん。
 5人がユニゾン、短冊幕の向こう側も踊る。中に入って歩行ダンス。体に衝撃が走る
 麻痺動作が伝染。ユニゾン。短冊幕が次第狭まって、丸く閉じ込められた格好。
 逆光でシルエット、スローモーション。ラジオ音質で音楽。しだい輪になって盆踊り
 めく。遠く聞こえていた東京五輪音頭の音量は上がるけど、黄昏れて暗転。

 イデビアン最高、風刺強めも終始素敵にシャレおつ。全員黒衣にマスク、目配りし
 付和雷同。移動式短冊幕が狭まったりもして圧迫。鎮魂と不自由、今の気風を映し。
 関係性ダンスは中盤からマスク外してコントめく小芝居模様へと。ダンサーの
 身体とキャラを活かして楽しいところ。斉藤さんの強気なとこや、井手さんの
 気弱だけど調子に乗るとこは変わらず。宮下さんらモデル勢と、依田さん、
 小山さんのお惚けな組み合わせも愉快。終盤近く、井手さんリードでの踊りまくり
 には拍手沸きと歓声も。ラストはぐっと現実回帰、未来展望でビターテイスト。
 もう一度みたいなあ。

[月間一覧