[前頁] [ホーム] [一覧]

 枇杷系 山田せつ子ダンスセッションシリーズ「ふたり いて」

 @吉祥寺 吉祥寺シアター(2008/8/1-3 4ステージ)
 http://www.musashino-culture.or.jp/k_theatre/
 全指定 一般 前売4000円 当日 4500円 学生2500円(限定40席)
 アルテ友の会会員3600円(武蔵野文化事業団のみ取扱い)

 構成・振付:山田せつ子 ドラマツルグ:宇野邦一
 美術:杉山至+鴉屋 照明:吉本有輝子 音響:牛川紀政
 舞台監督:原口佳子(officeモリブデン) 衣裳:稲村朋子
 アシスタント:富松悠 宣伝美術:井原靖章  制作:枇杷系、NPO法人魁文舎
 主催:枇杷系、(財)武蔵野文化事業団 助成:芸術文化振興基金
 出演:
 山田せつ子、寺田みさこ[砂連尾理+寺田みさこ]

 2008/8/1(金)晴 7:36-8:47PM(1'10)最前列より 客席ほぼ満員(160人)
 客層:大人よりに老若男女。お友達、関係者多そう。女性7割。
 客入れ:全指定席、最前B列以降ひな壇に9列。何処で見てもよさそう。折り込み
 チラシそれなり。パンフ A6 3ページ。挨拶、プロフィール、スタッフ。次回公演
 9/6 本作品高松公演。 物販なし。 カーテンコール3回1分。

 枇杷系の公演はしばらく行わないの?な、現京都造形芸術大学で教鞭を執る山田
 せつ子。デュオダンスシリーズ最新。

 舞台。正面奧に茫洋とした間接明かりの部屋。上手側の壁に細いスリット、歩行
  するダンサーが一瞬見え。左右開口からの明かり、内外の区切りをつけ。
  ダンサーの立ち位置により、濃淡の異なるシルエットとみせ。舞台下手袖側、
  バルコニーから床にかけて、たくさんの糸が張られ。白い板状部分は糸が集合?。
  
 構成。山田ソロ。小部屋でゆったりと歩き。手を返すなど変化。おぼろの明かり中
  陰影をつける。寺田が舞台周辺をゆったりと歩き、時折開口に姿をみせ。
 ・山田前方。ギター入ってうねるようなロック。広く使い歩行、ステップ、バネの
  よに溜めてははじけ。寺田が上手開口に背を持たせ、見入る。唐突に無音も
  ダンス継続。
 ・電子音。背後の明かりは朱色。寺田ソロ。足首をひねり、手をひずませ、全身
  エビ剃り、昆虫かなにか、とても不自然な格好。下手、糸オブジェから眺める
  山田。糸に手をかざすと、崩れたような動きをする寺田。糸操り?。

 ・後ろ手で立つ山田、床に仰向け横たわる寺田。白々とした明かりが横から。
  コンタクトダンス。顔に手を当て、並び立つ。床で手足を屈曲させて絡み、
  一つになる。諸星大次郎の顔みたい?に融合。
 ・共鳴、同調後、2人分離。バンドネオン入ってタンゴ。時折、同調しながらとり
  どりのデュオ。寺田が後ろから山田を抱えるように、そのままずり移動。後ろ
  だきに絡む。突然無音。

 ・山田離れ、床でヨガめいた手足の動き。2人、小部屋へ歩みいる。歪み、
  揺らぎ、互いに動きをトレースする。
 ・テキストの朗読が流れる。貧民窟、山羊、小アジア…、中東や東アジアをイメー
  ジする言葉を連綿。2人、ユニゾン歩き。背後を暗く、全面明るく、歩く、
  震える。

 離れても関係しあう2人に万有引力。思い切りコンタクトするデュオを半ばに、
 そんな印象ソロそれぞれ。豊穣な沈黙、心地よい緊迫感に持続するダンスを楽しむ
 ねこ。内から沸くものをじっくりと発見してくよな、山田。自然体の中の不自然さ
 というのか。 拘束や制約を課して、反応を実験する寺田。ともに非ダンスな
 ダンスに向かいながら、言語が違うアプローチが面白いねこ。
 
 奇態そのものをあり得ないバランスの良さで表現する寺田が鮮烈。ソロパートを
 興味津々と、何者ですかな好奇心ともみるねこ。抒情やおかしみが加われば、味わい
 増すのに、とも。2人のコンタクトデュオはごっちゃになって、魅力が相殺された
 印象で△。

[月間一覧