[前頁] [ホーム] [一覧]

 文学座12月アトリエの会「鳩に水をやる」

 @信濃町 文学座アトリエ(2017/12/07-21 16ステージ)
 全指定 一般前売4300円 当日4600円 ユースチケット2500円

 作:ノゾエ征爾[はえぎわ] 演出:生田みゆき
 美術:乘峯雅寛 照明:阪口美和 音響:藤平美保子 衣裳:宮本宣子
 振付:下司尚実 映像:松澤延拓 舞台監督:加瀬幸恵
 制作:佐藤竜太郎、鈴木美幸 制作補:後藤久美子 イラストとデザイン:西村夕貴
 出演:
 外山誠二:老いた男(童話作家・トイアラン)
 林田一高:編集者、医者、浮浪者ほか
 上川路啓志:瀬戸際の男(ピアニスト)
 相川春樹:配達屋の男(作家志望)
 塩田朋子:瀬戸際の女(ジャズ歌手)
 増岡裕子:ドア前の女(港のヨーコ)
 宝意紗友莉:若めの女(トイアランのファン?)

 2017/12/16(土)晴 2:03-4:12PM(1'09)中段中央 客席満席(15人)
 客層:シニア層半数、3世代客席。男女半々。
 客入れ:対面スタジアム客席。勾配がついた4段にパイプ椅子。ブランケット用意
 あり。誘導、上り下りケアは都度あり。折り込みチラシそれなり。パンフなし。
 物販。パンフを兼ねた劇団通信 100円。カーテンコール1回。

 ノゾエ征爾書き下ろし。生田みゆきは文学座初演出とか。
 舞台。中央線上にスクリーン2枚。入場時より蝉モチーフのCG投影。玄関戸やら
 最小限の装置を持ちこみ式。
 お話。老いた童話作家を訪ねるファン、ぱっとしないクラブ歌手とピアニスト、
 ピンチのところをやってきた宅急便配達に助けを求める女性。それぞれの日常が
 やがて大きな時間の中に顕れてくる、記憶を巡る一幕。
 
 予備知識も無くみて、漱石「夢十夜」連想もさもあり。夢のような現実のような
 神出鬼没の物語を都度面白く見るねこ。モザイクが晴れるように顕れる、老いと
 果てない夢に泣き笑い。闊達な演技、めくるめく自在な転換とスムースな演出、
 要所を抑えたドラマで、悲しい物語を沈ませず。好感を抱くねこ。

[月間一覧