[前頁] [ホーム] [一覧]

 ハイバイ「投げられやすい石」

 @池袋 東京芸術劇場 シアターイースト(2020/11/18-24 10ステージ)
 全指定席 前売・当日一律 通常席 一般(前半割)3500円 一般4000円
 学生(要証明)3000円 ゆったり席(通常席より後方で両隣が空いた席)
 一般(前半割)4500円 一般5000円
  @長野 サントミューゼ・小ホール 11/28-29
  @三重 三重県文化会館 12/05-06

 作・演出:岩井秀人(2008年初演) 舞台監督:谷澤拓巳、渡邉亜沙子 音響:中村嘉宏
 照明:中西美樹 衣裳:薫田エリ(MeeM design) 宣伝美術:土谷朋子(citron works)
 WEBデザイン:斎藤拓 演出助手:岡本昌也 制作:後藤かおり、新開麻子(WARE)、
 藤野沙耶(WARE)主催・企画・製作:WARE、ハイバイ

           初演     再演         今回3演
          ジェットラグP ハイバイ
      「投げられやす〜い石」「投げられやすい石」  
           2008/1/24-27 2011/1/19-30     2020/11/18-24
           9ステージ  16ステージ      10ステージ
      新宿ゴールデン街劇場  こまばアゴラ劇場ほか 東京芸術劇場ほか
           1時間12分    1時間20分       1時間30分
 出演:
 佐藤たけし(天才) :岩井秀人   ←          岩男海史
 山田圭一 (凡人) :山中隆次郎  松井周        山脇辰哉
 美紀(板挟み女子) :内田慈    ←          井上向日葵
 井口(コンビニ店員):中川智明   平原テツ       町田悠宇

 2020/11/22(土)晴 6:02-7:32PM(90)前方上手 客席ほぼ満員(200人?)
 客層:20-30才代中心、2世代、女性過半数。
 客入れ:感染対策。検温、セルフもぎり、手指消毒。B列最前。前方通常、
 後方1席空け席。折り込みパンフ B5 4ページ。座談会収録。
 カーテンコール1回、彼はモチロン不在。

 2008年、2011年のハイバイ・岩井秀人 クラシックス。にわかの再演。
 舞台。□コンクリの島。ひっくり返ったバス停ベンチ2。上手に場面写真。
 お話。若くして注目された、天才画家佐藤が失踪。2年後、友人でもあった山田は
 呼び出され、変わり果てた彼と再会する。いまなぜなのかという。
 
 青春残酷物語を20代の役者で再生。共感するには遠く、離れてみる青春の蹉跌を
 傷ましくも、面白く観るねこ。役者いい、あの頃しか持ち得ない身体と、
 できる力の誠実な発揮ぶりが清々しい。ラストのカラオケ場面は忘れていたねこ。
 嵌まりすぎてて、涙もでないココロなり。

 アフタートーク 7:38-8:12PM(34)
 加藤拓也(劇作家)、藤原季節(俳優)、松本穂香(俳優)

 ・岩井さん前説。「見た人たちで話そう!」形式の趣旨。演出家いると固定して
  しまいがちなので。
 ・2011年をみた、加藤、松本2人で違いを。石の投げ方で実践含めて延々。
 ・2011年の時は周囲が笑っていたが、自分だけ。感想は身の上話からになってしまう
  「命」という場面が印象に残った(松本)
 ・そんな佐藤が美紀が好きなのは「命」をみてもわかる。今日はずっとヘラヘラ
  しながら観てた。コンビニで怯えてる感じが好き、ずっと観てられる(藤原)
 ・ 「命」からヘビーな身内体験話(加藤)
 ・「余命宣言」「どの人物に自分をみるか」「認められたい世間ってなに」
  「青春で思い当たる節はアルか」「実紀の好きは、佐藤と山田でどう違うのか」
  「山田に才能はあるのか」など以降。

[月間一覧