[前頁] [ホーム] [一覧]

 箱庭円舞曲「今はやることじゃない」

 @下北沢 駅前劇場(2020/12/24-30 9ステージ)
 全指定 前売4000円 当日5000円 ライブ配信2000円

 脚本・演出:古川貴義(箱庭円舞曲)
 舞台美術:稲田美智子 照明:瀬戸あずさ(balance,inc.DESIGN)
 音響:岡田悠(One-Space)舞台監督:鳥養友美 記録写真:鏡田伸幸
 制作:松本悠(青春事情) 企画製作:箱庭円舞曲
 出演:
 林和義[箱庭円舞曲]:鷹山多賀雄(店主)
 白勢未生[箱庭円舞曲]:鷹山かん菜(店主の娘)
 鈴木ハルニ[箱庭円舞曲/ゲキバカ]:米沢宗喜(常連客)
 依乃王里[箱庭円舞曲/准劇団員]:武岡出(卸業者高井田商店社員)
 嶋村亜華里[箱庭円舞曲/准劇団員]:美登サリー(元不動産会社社員)

 配信アーカイブ視聴 1時間23分

 舞台。ラーメン屋、リアル厨房が客席向。上手よりに出入口引き戸。
 お話。美味くも安くもない(ズバリ)ラーメン屋。閑古鳥をなんとかしたいと、
 ラーメン論議が勃発。こだわるけど臆病で怠惰な店主と、理想を目指す娘や
 経験豊富な業者では、先に進まない。どうなってしまうのでしょう。
 
 痛い/残念/可笑しい やりとりがポンポン飛び交う、苦笑い会話劇。
 ものづくり業界の理想と実態が普遍に刺さるという。「さじ加減が悪い」素材を
 重くさせないさじ加減は、らしく上々。折々で普通じゃない飛び加減と引いた
 リアクションがスパイス。照明切り替えでの場転、小気味よく。ラスト、
 店主の真情にはじんわりねこ。

[月間一覧