[前頁] [ホーム] [一覧]

 文学座「ジャンガリアン」

 @新宿 紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYA(2021/11/15-20 9ステージ)
 全指定 一般6200円 夜割4500円(11/12、15)ユースチケット3800円 (25歳以下)
 夫婦割11000円 中・高校生2500円 留学生割2800円

 作:横山拓也[iaku] 演出:松本祐子
 美術:乘峯雅寛 照明:賀澤礼子 音響:丸田裕也 衣裳:山下和美
 舞台監督:加瀬幸恵 演出補:五戸真理枝 制作:田中雄一朗、最首志麻子、
 白田 聡 宣伝美術:チャーハン・ラモーン
 出演:
 たかお鷹:高安昇(割烹高安店主。淡島商店会会長。幸子の元夫。)
 吉野由志子:多喜幸子(たきかつ女将。創業者文雄の娘。)
 林田一高:多喜琢己(昇。幸子の息子。若旦那)
 吉野実紗:多喜愛(琢己の妻。保育士)
 高橋克明:金村彬(たきかつ従業員。ベテラン料理人。)
 川合耀祐:奥村総一(奥村工務店社員。次期社長。)
 金沢映実:椿木美和(外国人留学生の支援会所属。)
 奥田一平:ネルグイ・フンビシ(モンゴルからの留学生。)

 2021/11/15(月)晴 6:33-8:51PM(60/休15/63)前方中央 客席7割(250人?)
 客層:学生〜じじばばまで3世代混成。女性過半数。
 客入れ:感染対策。検温、手指消毒、セルフもぎり。当日パンフなし。
 物販。パンフ A5 500円。カーテンコール1回後規制退場。

 横山拓也書き下ろし新作。2019年企画集団マッチポイント公演以来の演出組み合わせ。
 舞台。60年という油が染みこんだ町のとんかつ屋。上手にカウンター席。椅子4の
 テーブル席は6つ。正面奥に2階への階段、脇に出入口ガラス引き戸。
 お話。老舗とんかつ屋を継いだ息子はリニューアルを断行するが。試練を受ける彼と
 家族らありさまを、外国人への差別問題を折り込みながら、描いてく。

 日常にあるあるな無意識の違和感、対する防衛意識から、心拡げて許していく人達を
 細やかに描いていく。あまり特異にならず、日常周囲に近い感覚で親しみと共闘?
 同時代意識を持ってみられて○。とわいえ横山拓也らしい、問題の畳みかけには
 登場人物達はどうするんだと不安尽きず。最後、放っては置かず、手を差し伸べる
 ところは安心。小さくとも確かな希望を感じさせて○。それぞれに役柄に沿って、
 味わいある役者ぞろい。ドイヒーな発言連発も悪戯に重くさせない、奥村さんの
 さじ加減○。奥田さんの巧さを感じさせない巧さが印象。

[月間一覧