[前頁] [ホーム] [一覧]

 加藤健一事務所 vol.99「喝采」

 @下北沢 本多劇場(2017/08/30-09/10 15ステージ)
 http://www.honda-geki.com/honda.html
 全指定 前売5400円 当日5940円 高校生以下2700円
  @京都 京都府立府民ホール”アルティ 9/16
  @兵庫 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール 9/17
  @千葉 千葉県・佐倉市民音楽ホール 9/23

 作:クリフォード・オデッツ 訳:小田島恒志 小田島則子
 演出:松本祐子[文学座] 美術:乘峯雅寛 照明:古宮俊昭 音響:青蔭佳代
 衣裳:竹原典子 ヘアメイク:馮啓孝 舞台監督:笹原久義
 出演:
 加藤健一:フランク・エルジン(かつての名優)
 竹下景子:ジョージー・エルジン(フランクの妻)

 浅野雅博[文学座]:ポール・アンガー(作家)
 林次樹[Pカンパニー]:ラリー(舞台監督)
 寺田みなみ:ナンシー・ストッダード(新人女優)

 大和田伸也:フィル・クック(プロデューサー)
 山路和弘[青年座]:バーニー・ドッド(演出家)

 2017/09/03(日)晴 2:05-4:43PM(71/休15/58)後方下手 客席ほぼ満員(350人)
 客層:中高年よりな新国立劇場と同様の大人客席。女性7,8割。
 客入れ:新人劇団員担当だった開演前アナウンスはいつの間にかテープ録音に。
 折り込みチラシそれなり。パンフなし。物販。パンフ A5 540円。
 カーテンコール2回2分。
 
 舞台。舞台袖,主に楽屋。
 お話。演出家が穴が空いた主役の代役にと推したのは、アル中の元名優。反対を
 押しのけ、片鱗を覗かせる彼を立ち直らせようと。しかし虚言癖があるのに
 騙されて、無実の細君が元凶と矛先を変える始末。勘違い、すれ違い、ついには
 再び酒に手を出した醜態に降板必至の事態となるのだが。
 
 ほろ苦い複雑な後味を残す心理劇。アメリカの厳しいショービジネスに、悲惨な
 役者が復活するまでを描く。甘えん坊の大人と支える周囲、すこし湿った危うい
 感触、ハラハラぞわぞわが最後まで続き。舞台の夢でなく、現実に留まると
 いうのかしらん。うーんねこ。劇作家ポールの一連の台詞、やりとりが気が利いて
 いて、気が晴れる思いがするねこ。

[月間一覧