[前頁] [ホーム] [一覧]

 柿喰う客 2018年本公演「俺を縛れ!」

 @下北沢 本多劇場(2018/01/24-02/04 13ステージ)休演1/29
 http://www.honda-geki.com/honda.html
 全指定 極楽7500円(最前列保証、メンバー直筆ポストカード、缶バッチ、Tシャツ)
 一般5000円 学生2800円 高校生以下1800円 当日券 前売料金の500円増し

 作・演出:中屋敷法仁 美術:原田愛 照明:松本大介 音響:山本能久
 ヘアメイク:門永あかね 殺陣:六本木康弘 演出助手:入倉麻美
 舞台監督:川除学 宣伝美術:山下浩介 宣伝写真:引地信彦 宣伝衣裳:小泉美都
 宣伝ヘアメイク:門永あかね 宣伝ヘアメイク協力:城生なみ子(プラスナイン)
 撮影協力:ハララビハビコ WEB:間屋口 克 制作:北澤芙未子、小野明日香
 製作:伊藤達哉 企画:柿喰う客 主催:ゴーチ・ブラザーズ

 出演:
                  初演    今回
                 2008/6/18-30 2018/01/24-02/04
                  18ステージ 13ステージ
                  王子小劇場 本多劇場
                  自由2500円 指定5000円
                  2時間15分  2時間
 ・瀬戸際家(田舎大名)
 瀬戸際切羽詰丸(大名)      堀越涼    永島敬三
 瀬戸際つばき(奥方)       −     淺場万矢
 瀬戸際勝々丸(長男)       −     永田紗茅
 瀬戸際ざくろ(長女)       村上誠基  宮下雄也

 士道廊戻郎(藩士)         森桃子   清水優
 阿多風太(家老)          本郷剛史  北村まりこ
 大きい手下            −     村松洸希
 小さい手下            −     守谷勇人
 ・将軍家
 徳川家重(九代将軍)        丸川敬之  牧田哲也
 大岡忠光(側近)          佐藤みゆき 田中穂先
 徳川家治(家重の嫡子)       川畑舞香  長尾友里花
 徳川宗武(八代将軍の次男)     −     加藤ひろたか
 西尾忠直(老中)          浅見臣樹  宮田佳典
 服部半蔵(隠密)         こいけけいこ 葉丸あすか

 ・その他
 浦見深左兵衛(九州の大名)     佐野功   平田裕一郎
 好感堂鷹目(裕福な大名)      七味まゆ味 とよだ恭兵
 族合軍兵衛(軍事コンサルタント)  玉置玲央  神永圭佑

 顔も名前も明かさない女      −     七味まゆ味
 お幸の方(側室)          梨澤慧以子 −
 松平武元(老中)          花戸祐介  −
 好感堂保之輔(好感堂家の次期当主) 石橋宙男  −
 水戸光圀(大昔の副将軍)      中屋敷法仁 −
 地味変坊主(諸国を旅する僧侶)   高木エルム −
 加羅廻宮(都に住む皇族)      コロ    −

 2018/01/24(水)晴 7:31-9:32PM(2'00)中段下手 客席9割?(300人?)
 客層:20-30才代女性8割。
 客入れ:折り込みチラシ厚め。パンフ A4 1枚。物販。出演していない玉置、深谷、
 大村 の3人で手売り。Tシャツ2500円 フォトブック1000円 缶バッチ200円。
 カーテンコール1回1分。アフターイベントあり。

 ねこが始めた柿作品、忘れた頃に再演。ゲストと若手中心の座組にて。
 舞台。中央、八百屋舞台。囲む赤い檻な三方壁。監視役が貼り付き常駐。
 お話。吉宗に継ぐ将軍・家重は諸大名に大号令、その名もキャラ縛り。困惑が広がる
 中、弱小田舎大名が一念発起する。

 「ちゃんとしてない」をびゅんびゅん決めまくる。なんでもありでやり尽くす感、
 俳優達の滅私奉公ぶり経由ギャグめきがみてるだけ楽しいねこ。照明、音響がマンガ
 効果線、画と拍車をかけ。縛り由来のブラックなテーマは初演より潜められ、終盤に
 噴出させて、エンタメも我慢できない本懐をとげた感。
 鍛え抜かれた身体で脱力芝居に狂気が帯びる、永島敬三がまあ凄い。これと、ゲスト
 俳優達のお菓子な芝居、時々素の顔のぼけぶりが好対照。面白くしょうが無い。

 終演後、初日イベント。15以内にまとめよとの命をうけた、MC俳優・永島敬三が
 弄られながら無茶ぶり指示(する?され?)。途中、プレゼントコーナー、
 客席と記念撮影タイムあり。

[月間一覧