[前頁] [ホーム] [一覧]

 唐組第66回公演「少女都市からの呼び声」

 @下北沢 駅前劇場(2021/01/20-24 9ステージ)
 全自由 前売券3800円(整理番号付き、劇団のみ販売)当日券4000円(定員時なし)
 学生券3300円(当日受付) 子供券(小学6年生まで)1800円

 作:唐十郎 演出:久保井研+唐十郎
 絵:合田佐和子 作曲:小室等、北村早樹子、安保由夫 宣伝美術:海野温子
 舞台美術:大鶴美仁音+紅美術団子 照明:福本雄樹 衣装:藤井由紀
 音響:福原由加里 舞台監督:全原徳和 演出助手:加藤野奈
 出演:
 大鶴美仁音:雪子(ガラスの子宮を持つ少女)
 福本雄樹 :田口(妹・雪子を探す)
 福原由加里:ビンコ(有沢のフィアンセ)
 山田隼平 :有沢(田口の親友)
 藤井由紀 :看護婦長
 稲荷卓央 :連隊長
 全原徳和 :フランケ醜態(雪子のフィアンセ)
 友寄有司 :老人A
 久保井研 :老人B
 加藤野奈、新美あかね、升田愛、栗田千亜希   :フランケの助手 女1,2,3,4
 重村大介、山本十三、岡田篤哉、藤森宗、松本遼平:町の衆

 2021/01/20(水)晴 7:01-8:28PM(1'25)最前列より 客席ほぼ満席(70人)
 客層:3世代、20-30才代女性と中高年男性中心。
 客入れ:階段に番号順整列誘導。開場時30人位。感染対策。手指消毒、検温、席番毎
 連絡先カード記入。舞台から距離をとって、ベンチ1、パイプ椅子8列 いずれも
 横間隔開け。パンフなし。カーテンコール1回。

 1985年状況劇場 初演作品。今回、若手中心の座組にて。
 舞台。コンクリ削った、廃屋感ある壁。中央にドーム?。手術台や、襖障子と壁に
 柱時計の畳部屋を持ちこみ式。
 お話。ガラスの身体を持つ少女・雪子は、田口が探し求める妹、そして親友有沢へ
 向かう田口の少女性。

 美仁音・雪子から目が放せない。鉄火と冷徹、情熱と哀切、聖と俗。もう翻弄され
 まくりたい、思い切りのいい演技に拍手。福本・田口、美仁音にがぶり四つの健闘。
 山田・有沢のもどかしげな青年身体がいい感じ。全原・フランケ醜態、素直な怪人
 ぶり、「博士」味少で可愛げあり。久保井研・老人B、こちら小動物な可愛げあり。
 その演出は今回もスッキリわかりやすい。唐十郎の素敵な台詞が粒立ちよく届いて
 イイ。

[月間一覧