[前頁] [ホーム] [一覧]

 劇団唐組 第67回公演「ビニールの城」

 @新宿 花園神社 紅テント(2021/05/14-16,21-24,06/03-06 11ステージ)
 全自由 前売3800円 当日4000円 学生3300円 子供(小学六年生まで)2000円
  @兵庫県 湊川公園 6/12-14
  @長野県 長野市城山公園 ふれあい広場 6/19-20

 作:唐十郎 演出:久保井研、唐十郎
 作曲:北村早樹子、安保由夫 宣伝美術:海野温子 絵:合田佐和子
 舞台美術:大鶴美仁音+紅美術団子 照明:福本雄樹 音響:福原由加里
 舞台監督:全原徳和 衣装:安楽きわ+藤井由紀 人形美術:足利浩平

               前回    今回
               2019/10/5〜11/4
 出演:
 朝顔(夕ーを探す腹話術師) 稲荷卓央  ←
 モモ(ビニ本の女)     藤井由紀  ←
 夕ー(モモのかりそめの夫) 久保井研  ←

 引田(夕一の叔父)     岡田悟一  木村健三
 河合(引田の連れ)     全原徳和  ←
 リカ(モモの妹)      福原由加里 ←

 もう一人の腹話術師     福本雄樹
 カミヤバーのマスター    影山翔一  ←
 鳥丸(ただの腹話術師)   川崎勇人  友寄有司
 水丸(ただの腹話術師)   戸辺俊介  重村大介
 糸丸(ただの腹話術師)   加藤野奈  ←
 倉庫の管理人              藤森宗

 腹話術師達         栗田千亜希 久遠莉子
               升田愛   近永知里
               藤森宗   西間木美希
               竹岡直紀  松崎貴浩
                     松本遼平
                     新美あかね
                     升田愛
                     栗田千亜希
                     大鶴美仁音

 2021/05/16(日)曇|雨 7:00-9:07PM(43/休11/70)前方中央 客席満員(90人)
 客層:3世代。中年層半分以上。男性過半数。
 客入れ:いつものよう整列して20,30人ずつ入場。劇団チケットは40人位。
 前回同様、土足入場、間隔をあけた、足場材の上にウレタンマット置き。
 座蒲団もっていくと楽。換気のためサイド天幕の一部を開けてよしず置き。
 今日の寒さはさほどでなし。両サイドブロックは未使用。
 物販。新グッズにマスク、Tシャツ。 カーテンコール1回3分。

 久しぶりに関東外ツアーがある再演。予定の下北沢、連休中の花園神社公演は、
 コロナ禍で中止。
 舞台。中央レンガ壁に入口戸。上手にデンキブランが並ぶ、バーカウンター。
 下手に階段、下に水盤、ベンチ。
 お話。生の他者と関係を持てない腹話術師の青年と、彼のアパートの隣に住んでいた
 女性とその夫、三者三様の思いが交錯する。

 痛く切なくて、何度か泣きそうになる。ビニールの衝立幕が現実になろうとは、
 舞台の意味合いが世界に拡がって、痛ましさ一層感。そんな中、唐十郎の煌めく
 台詞に、いつも以上に夢心地。猥雑さとロマンチシズムの混交が堪らない。
 唐の台詞、関係性、世界感をくっきりと描く久保井研リマスターの技はますます
 冴え。主役3人始め、応える役者陣が素敵という。

[月間一覧