[前頁] [ホーム] [一覧]

 柿喰う客「滅多滅多」

 @下北沢 本多劇場(2021/05/21-30 11ステージ)
 全指定 一般(パンフレット付)6300円 一般5000円 U-23(23歳以下)2800円
 高校生以下1800円

 作・演出:中屋敷法仁 音楽:岡田太郎
 照明:松本大介 音響:山本能久、吉田可奈 舞台監督:川除学、赤坂有紀子
 衣裳デザイン:西本朋子 ヘアメイクデザイン:門永あかね
 歌唱指導:Yu Morimoto 照明操作:長谷川楓
 宣伝美術:山下浩介 宣伝写真:神ノ川智早 映像収録編集:竹崎博人
 WEB : 佐々木一美 制作:山田紗綾、北厚芙未子 制作協力:SCARLET LABEL
 企画:柿喰う客 主催:コーチブラザーズ
 出演:
 オトナ
 田中穂先 :伊笠真白(教育実習生)
 加藤ひろたか:猿柴和泉
 福井夏  :洞福乃(セクシー養護教諭)
 北村まりこ:烈風梨加
 中嶋海央 :八田利一
 佐々木穂高:出任瀬恩里
 葉丸あすか:矢尾町叶菜(独裁校長)

 コドモ
 永田紗茅 :五輪瑠呼(小学五年生。追想と忘却の彼方へいる。)
 長尾友里花:鷺間凱哉
 とよだ恭兵:多場かる馬
 蓮井佑麻 :尼舞寺保
 沖育美  :麻友翼
 浦谷賢充 :根茂葉萌音
 七昧まゆ味:蘇園華純(資産家令嬢)

 フシギ
 村松洸希 :ムラサキカガミ
 原田理央 :モナリザ
 今井由希 :ハナコサン
 田中廉  :ベートーヴェン
 山中啓伍 :テケテケ
 大村わたる:ジュウサンカイダン

 2021/05/21(金)小雨 7:35-8:59PM(75/7)前方下手 客席9割?(150人?)
 客層:20才代中心で2世代。女性7割。
 客入れ:感染対策。サーモ検温、足マット、手指消毒、セルフもぎり。ほぼ2席ごと
 に間隔開け。当日パンフ「高天原市立秋津島小学校 第O号 掲示風」に配役。
 物販。パンフ A4 1500円、缶バッチ、風呂敷。カーテンコール1回後、
 トーク(8:52-59)、規制退場。
 今日は中屋敷1人トーク。ホラー大好き。TVなど見境なく見ていた、原体験。
 上京するまでこの世にホラーが嫌い、嫌な人はいないと思っていた。二人の姉も
 大好きだったし。シェイクスピアで好きな作品(例を挙げて)には、幽霊がでている。
 人間でなくなる、信じられなくなる瞬間が好き。恐怖をいじくる悪意に触りたい。
 (学校での例を挙げて)近代化より、七不思議が崩壊、下火に。オカルトで現実が
 救われる。ルールを守るあやかしは演劇に近い。歌う、踊るは危険な行為、魔力を
 呼ぶといわれている。最初にやろうと思ったのは音頭。いつもと違って、今回は
 劇団員との認識の乖離があった。トラップをかいくぐり、あらたな魑魅魍魎を出現
 できたら。

 2年振りの本多劇場本公演。新人を加えて20人出演大所帯にて。
 舞台。照明器具にグロテスクに囲まれた空間。
 お話。逢魔が時の小学校。教員、生徒、七不思議達がエロ、グロ、バイオレンスと
 ナンセンスな事々を交わす内、1人の少女の忌まわしい過去が浮かんでくる。

 馴染みのねこも唖然とさせられる、怒濤のトリッキー展開。台風の日に増水した川を
 見に行ってしまうよな、理性越えの好奇心の高揚、のみこまれ感があり。七色照明を
 多用し、ホラー感、不穏感アップ。闇に沈むほどに、役者達はハイテンション。
 1.5倍速で、2倍量の台詞をマシンガン連射する。キレキレに動きながら、くっきり
 言葉を届ける技術とスタミナ、貴方達こそ七不思議という。台詞の応酬は芝居という
 より格闘技をみる快感を呼び。そんな中、不思議以上に異常な登場人物の裏、過去が
 覗いてきて、ぞくぞく。そのエグさと裏切れ感は中屋敷作品お家芸。今回はカメ止め
 級に最後までわからないというお楽しみあり。また、殴られても好きという、切ない
 愛を優しく受け止める面も堪らない。

[月間一覧