[前頁] [ホーム] [一覧]

 小松台東「シャンドレ」再演

 @三鷹 三鷹市芸術文化センター 星のホール(2022/05/27-06/05 13ステージ)
 全自由 前売3500円 当日3800円 早期割引/平日ソワレ割引 前売3200円 当日3500円
 学生割引 前売・当日2000円 高校生以下 前売・当日1000円

 作・演出:松本哲也
 CP:佐藤こうじ 舞台監督:中西隆雄 舞台美術:泉 真
 音響:Sugar Sound 照明:鷲崎淳一郎(ライティングユニオン)
 演出助手:坂本奈央(終のすみか) スタンドイン:森崎健康(KAKUTA) 
 宣伝美術:吉田電話 企画制作:小松台東
 主催:助成:文化庁文化芸術振興費補助金
 (劇場・音楽堂等機能強化推進事業) 独立行政法人日本芸術文化振興会
 出演:
 松本哲也:町村弘樹、樋口正徳、酔客
 瓜生和成:樋口透(部長)、中年男、沼田
 今村裕次郎:郡山隆文(町村の同僚)、近藤
 森崎健康[KAKUTA]:荒木真一郎

 2022/06/02(木)晴 7:30-8:36PM(2'06)最前方より 客席ほぼ満員(40人)
 客層:2世代、20-30才台中心、男性過半数。
 客入れ:開場時5,6人。感染対策。検温、セルフもぎり、手指消毒。雛壇にパイプ椅子
 4列。舞台が最前列高さで中央よりなので、前方でも見難いことなし。物販。トート
 バックセット(台本、ステッカー、初演の限定試聴用QRコード)2000円。舞台衣装
 (作業服)展示。スタンプラリー初回押印でき。カーテンコール1回後規制退場。

 2020年@こまばアゴラ劇場初演
 舞台。オフホワイトの台形机を組み合わせたり、車運転席に見立てたり。壁装置と
 リアルアパート部屋。もう一人の主役「闇」を背景にアンバーの灯に登場人物らを
 浮かばせ。
 お話。斜陽の工務店の男たち。とりわけ夜になると家が遠くなる彼らのよりどころは
 シャンドレ。

 まず、絵面と演技がお代わりしたくなるうまさ。闇の濃さと重さ、灯火に浮かぶ懸命
 という名の切ない有り様の人達。再演で空間が拡大したけど密度変わらず、たっぷり
 として満足感高。シンプルなとこはそのまま、ポイント押さえてデラックス(細密)
 としたのも○。一人多役の試練も少数精鋭で小気味よくなして、役の重なりが面白く
 演劇ならでわのお楽しみとし。とてもいい、音楽ならブルースを切なく滑稽味を
 添えて、愛おしくきかせてくれた印象。  

[月間一覧