[前頁] [ホーム] [一覧]

 モダンスイマーズ「嗚呼いま、だから愛。」

 @池袋 東京芸術劇場シアターイースト(2016/4/22-5/3 11ステージ)
 http://www.geigeki.jp/
 全指定 一般3000円 高校生割引1000円

 作・演出:蓬莱竜太 美術:伊達一成 照明:沖野隆一 音響:今西工
 衣裳:坂東智代 舞台監督:清水スミカ 宣伝美術:金子裕美 票券:atlas
 制作:ヨルノハテ 主催:モダンスイマーズ
 提携:東京芸術劇場(公益財団法人東京都歴史文化財団)
 出演:
 川上友里[はえぎわ] :星野多喜子(麻雀雑誌の四コマ漫画家)
 古山憲太郎:星野一貴(多喜子の夫。電車整備士。多喜子と元漫才コンビ。)

 奥貫薫:木崎慎子(多喜子の姉。有名女優)
 西條義将:和田(慎子のマネージャー)
 
 太田緑ロランス:船場美幸(多喜子親友。クリスチャン)
 小椋毅:船場光太郎(美幸の夫。クリスチャン)

 津村知与支:石井(多喜子の編集担当)
 生越千晴:三上千恵子(多喜子のアシスタント)

 2016/04/26(火)晴 7:05-8:47PM(1'42)正面前方 客席ほぼ満員(300人)
 客層:大人客席だけど学生〜じじばばまで幅広く。女性過半数。
 客入れ:三方囲み。正面F〜N列、サイド3列20席ずつ。折り込みチラシ極厚。
 パンフ B5 4ページ。物販。Tシャツ、トートバッグ。カーテンコール1回。

 新作公演。
 舞台。シースルーのモデル住宅間取りの体。冒頭、「家を再現した」の台詞に
 頷きつ、うーん!?。前方半分にローテーブルとTVある居間兼寝室。中程から上手に
 ダイニング、下手側奥に仕事用机と、階下への階段開口。正面、巨大なブラインド
 舞台周囲は町並みビル模型が取り巻き。

 お話。容姿発でコンプレックスを抱く多喜子、そんなことはないのに墜ちた感触を
 拭えない軽い泥沼。にいる彼女の周囲もまた何かしら踏み外している。夫婦の
 セックスレス、仕事や容姿の劣等からの羨望と怒り、哀しみと慈しみが止むこと
 無く往還する。

 今年観たストレートプレイで一番の一つ。ハイバイ「おとこたち」とも3000円台の
 安価で最上を提供してくれた作家と芸劇に感謝ねこ。「悲劇」を装わず、本当の、
 人間の営みとして描く。共鳴できるものとして胸に直接響き、私たちは応えること
 を実感でき。ライターの徳永京子さんが「頭でなく体で書いた」と評したのに
 なるほろねこ。蓬莱竜太には珍しい(初?)女優中心舞台。強度の強くも細やかな
 演技でして流石。弱腰の男達と好対照。多喜子役のハイバイ・川上友里さんは
 追想・妄想しながらの語り役を兼ね、複雑な胸の内を活き活きと現し。痛く、けなげ
 懸命であちこちもらい泣きねこ。

[月間一覧