前頁 ] ホーム ] 一覧 ]

 ラッパ屋 第46回公演「コメンテーターズ」

 @神宿 紀伊國屋ホール(2021/07/18-25 11ステージ)
 全指定 前売当日とも A席6000円 B席5000円 U-25券3000円

 脚本・演出:鈴木聡 音楽・演奏:佐山こうた 美術:秋山光洋
 照明:佐藤公穂 音響:島猛・大久保友紀(ステージオフィス) 振付:黒須洋嗣
 衣裳:花谷律子 演出助手:畑田哲大 舞台監督:村岡晋 宣伝美術:m9design
 制作:江口紀子、早川晃子、吉田由紀子、花潭理恵 プロデューサー:山家かおり
 出演:
 おかやまはじめ:横沢広志(64)
 弘中麻紀:横沢夏江(64 広志の妻。)
 瓜生和成[小松台東]:横沢悠太(35 横沢家の一人息子。)
 熊川隆一:小野武雄(63 広志の友人。)

 俵木藤汰:大西洋司(65 TV局BBS常務。ワイドショー担当役員。)
 岩橋道子:真行寺仁美(46「おはコメ」プロデューサー)
 浦川拓海:三浦卓也(38 制作会社「キンテレ」社員。「おはコメ」ディレクター。)
 青野竜平[新宿公社]:矢作順(29 「キンテレ」契約社員。「おはコメ」AD。)

 中野順一朗:塚田信也(45 「おはコメ」MC。元BBSアナウンサー。)
 ともさと衣:織田恵(36 「おはコメ」アシスタント。BBSアナ。)

 木村靖司:森本喜一(70 コメンテーター。政治評論家。)
 谷川清美[演劇集団円]:鮎川環(52 コメンテーター。弁護士。)
 宇納佑 :高藤昭司(57 経済学者。コメンテーター。ジャーナリスト。)

 大草理乙子:斎藤邦子(58 コメンテーター。医師。心理学者)
 武藤直樹:田中パン54世(54 コメンテーター。パン屋。)
 北村岳子:楠美奈子(65 コメンテーター。歌手。エンターティメント担当。)
 黒須洋嗣:フレディ木原(52 コメンテーター。ダンサー。エンターティメント担当。)
 佐山こうた:加山良太(39 作曲家・ピアニスト。音楽担当。)

 2021/07/18(日)晴 2:02-3:52PM(1'47)前方下手 客席ほぼ満員(400人)
 客層:3世代、ベテラン中心、女性過半数。
 客入れ:感染対策。検温、手指消毒。通常客席。チラシ袋が堅めのビニール、劇中
 パリパリ音をさせる人がいて困り。当日パンフ B5 3ページ。写真と役柄付きの
 配役がいつもながら親切。次回公演、来年12月。物販。Tシャツ、トートバッグ他。
 カーテンコール2回、拍手が止まらず、挨拶できないほど。

 昨年4月に中止となった作品、今まだ緊急事態宣言発令という。
 舞台。TVワイドショースタジオ。上手に雛壇、下手にピアノと司会テーブル。
 配色が色見本なモザイクタイル。
 お話。退職後、趣味と実益を兼ねてユーチューバーとなった中年男。ちょっとした
 ことでバズったのをTV局の目にとまり、ワイドショーのコメンテーターに抜擢
 されてしまう。

 5月〜7月東京オリンピックの無観客開催が決まる直前までの現実を借り。観客には
 追体験、終演後は続編=今というジャストタイム演劇。
 もとよりいろんな事情で混迷、コントを地で行く展開。当日パンフで鈴木さんが
 書かれている、中年男性と家族、商店街の友人は客席と同じ市井の人、引きこもって
 ネットばかりみてる男性のいい年の息子が作家自身、ワイドショー関係がマスコミで
 レギュラー出演してる歌手とダンサーがエンタメ業界の人。ワイドショー体裁で
 カリカチュアされ。立場さまざまで、会話の面白さ、投げかけ、味わい深さもより
 一層。笑えないまたはシニカルな題材を、とほほも懸命、ずるいとこありの逞しい
 人のありさまから、希望がもてるコメディとして描いてて素敵。
 
[月間一覧