[前頁] [ホーム] [一覧]

 SPAC ふじのくに せかい演劇祭2017 ふじのくに野外芸術フェスタ
 第71回 アヴィニョン演劇祭オープニング招待作品「アンティゴネ 時を超える送り火」

 @静岡 駿府城公園 紅葉山庭園前広場 特設会場(2017/05/04-07 4ステージ)
 全自由 一般4100円 SPACの会一般3400円 ペア割引3600円 グループ割引3200円
 ゆうゆう割引 1名様3400円(満60歳以上) 学割2000円[大学生・専門学校生]
 1000円[高校生以下]障がい者割引2800円 演劇祭パスポート13000円

 構成・演出:宮城聰 作:ソポクレス 訳:柳沼重剛 音楽:棚川寛子
 空間構成:木津潤平 衣裳デザイン:高橋佳代 照明デザイン:大迫浩二
 ヘアメイク:梶田キョウコ
 舞台監督:山田貴人 演出部:神谷俊貴、秡川幸雄 音響デザイン:加藤久直
 音響:牧嶋康司(SCアライアンス) 照明:小早川洋也、神谷怜奈
 美術:深沢襟、三輪香織、渡部宏規 衣裳:駒井友美子、大岡舞、川合玲子
 ヘアメイク:高橋慶光 英語字幕制作:横山義志、ウィリアムースノウ、
 コーリー・タービン 字幕操作:片岡佐知子 演出補:中野真希
 技術監督:村松厚志 技術監修:堀内真人(KAAT神奈川芸術劇場)
 製作:SPAC-静岡県舞台芸術センター

 出演:S=スピーカー(語り手) M=ムーバー(動き手)
 アンティゴネ   本多麻紀(S)  美加理(M)
 クレオン     阿部一徳(S)  大高浩ズM)
 イスメネ     榊原有美(S)  布施安寿香(M)
 ハイモン     若菜大輔(S)  大内米治(M)
 テイレシアス   吉植荘一郎(S) 渡辺敬彦(M)
 番兵       貴島豪(S)   泉陽二(M)
 僧侶       貴島豪
 ポリュネイケス  三島景太
 エテオクレス   武石守正
 合唱隊 赤松直美、桜内結う、鈴木真理子、舘野百代、寺内亜矢子、永井健二、
     牧山祐大、森山冬子、山本実幸
 演奏隊 石井萌水、加藤幸夫、佐藤ゆず、大道無門優也、宮城嶋遥加、吉見亮

 2017/05/07(日)晴 6:35-8:03PM(1'28)前方下手 客席満席(450人)
 客層:大人客席。学生からじじばばまで幅広く。女性過半数。
 客入れ:100番区切りで整列入場。5:20PM開場。昨年同様、雛壇に椅子15段ほど。
 空席誘導あり。強風で砂ぼこりが吹き込んでくるのが難点。水まきをしてほしかった
 ねこ。折り込みチラシそれなり、袋入り、捨て箱用意。パンフ A4縦折り 4ページ。
 6:35PMから6分間であらすじ寸劇あり。わかりやすし。カーテンコール1回2分。

 アヴィニオン演劇祭、オープニング作品。日本のカンパニーでは初とか。
 舞台。枯山水の庭の白砂、を本水に置き換えた箱庭装置。中央に灯籠のような
 三段組の岩、左右に小島な岩。中央にアンティゴネ、上手にクレオン、
 下手にハイモンが位置。
 お話。オイディプスとその母との娘アンティゴネ。叔父の新王クレオンの禁令に
 背き、戦死した兄の遺体を埋葬したため、幽閉され、自害してしまう。

 三者それぞれに理があり平等に扱い。髪、衣装らもまた白一色(透けるグレーの
 渦巻きは葛藤、しがらみ?)に統一平等。アンティゴネの超法規、死者は等しく
 弔うを、生者にも逆照射してるよう。超なアンティゴネ・美加理が線は細くも
 神々しい。もはや言葉によらない強さがあり。スピーカー、ムーバーの分離は進化。
 多声のコーラスを加えて、多彩にして効果的。照明はシンプルもモノトーンの世界に
 深みを加えてて印象。

[月間一覧