[ホーム](個別ページができ次第、そちらにリンクします。)

 新ロイヤル大衆舎「王将 第二部」

 @下北沢 小劇場 楽園(2017/04/27-05/14 13/全35ステージ)5/1,8休演
 http://www.honda-geki.com/rakuen.html

 データは第一部レポート参照。

 2017/05/10(火)晴 7:02ー8:50PM(1'48)入り口側 壁より 客席満席(80人)
 客層:大人客席、女性過半数。
 客入れ:第一部同様。舞台上 物販担当は団長(池浦)一人きり。和ませつつ、
 油断させない売り手ぶり。カーテンコール1回。

 舞台。斜に縁台な段。冒頭、日の丸と電球を連ねて祝祭ムード。
 お話。将棋名人は東京の関根一人きりと固く真義を貫く三吉。しかし、周囲は
 三吉を関西名人と煽て(時に脅して)持ち上げ。ロボットのように利用し、三吉の
 将棋人生を滅茶苦茶にしてしまう。将棋と利権?の相克と悲劇を描く。

 波乱の第二部、変わりゆく世情の中、変わることない、娘たちの父性愛が滋味滋養。
 忘れてしまったもの、無くした小さくて大きなものが確かに伝わり。
 娘二人を演じる、江口のりこ、森田涼花が素晴らしく。第一部に続き、江口さんの
 刺さる言葉の裏側、何気ない目線の交換や間合いに、凡百な言葉以上の愛情を
 感じさせて素敵。三吉役福田転球、冒頭らドタバタと過剰なほどに表情変わり、も
 投げる直球がじんと胸に来る。筆頭弟子役石田剛太。棋士を誠実に美しく演じてて、
 見直すねこ。生涯の後援者となる宮田役山内圭哉と三吉のやりとりが愉快、ほっこり
 するねこ。

[月間一覧