[ホーム](個別ページができ次第、そちらにリンクします。)

 新ロイヤル大衆舎「王将 第三部」

 @下北沢 小劇場 楽園(2017/04/27-05/14 13/全35ステージ)5/1,8休演

 データは第一部レポート参照。

 2017/05/12(金)晴 2:04ー4:12PM(2'08)入り口側壁より 客席満席(80人)
 客層:大人客席、女性7,8割。
 客入れ:第一部同様。舞台上で物販。今回の担当は団長(池浦)、原田、制作担当の
 3人。カーテンコール1回。

 お話。老いて衰えていく三吉。愛弟子を亡くし、次女は嫁いでいくという仕打ち。
 嫉妬に駆られ、名人に勝った弟子森川へは心にもないことを言ってしまう。しかし
 純真な三吉は反省。得心するし、謝罪もきちんとする。名人を前に悔しくて号泣
 する。愛された男は静かに幕を閉じてゆく。

 将棋と老い。人情芝居の終焉、きっちりと泣き笑いの妙を堪能させ。なんでもない
 やりとりに、今に生きる素敵が浮かんで、もうウェルメイド。枯れてゆく転球、
 小さくなってしまう佇まいが愛らしい。娘役の二人が全編通して素晴らしく。
 いい舞台を観られて清々しく感じるねこ。

[月間一覧